5.05 打者が走者となる場合〈6.09〉

(a) 次の場合、打者は走者となる。

(1) フェアボールを打った場合。

【原注】〈2.04原注〉投球が地面に触れた後、打者がこれを打ってバットに当たった 場合には、インフライトの投球を打ったときと同様に扱う。

(2) (A)走者が一塁にいないとき、(B)走者が一塁にいても2アウトのとき、 捕手が第3ストライクと宣告された投球を捕らえなかった場合。

【原注】第3ストライクと宣告されただけで、まだアウトになっていない打者が、気が つかずに、一塁に向かおうとしなかった場合、その打者は〝ホームプレートを囲む 土の部分〟を出たらただちにアウトが宣告される。

(3)〈2.04原注〉投球が地面に触れた後、ストライクゾーンを通過してもボールであり、 そのバウンドした投球が打者に触れた場合は、球審の裁定で打者に一塁を与える。 ただし、2ストライク後打者が打ったがバットに当たらなかったときは、捕手がその ままつかんでも〝捕球〟したものとはみなされない。 (5.05b2、5.09a3)

(4) 野手(投手を除く)を通過したか、または野手(投手を含む)に触れたフェアボール が、フェア地域で審判員または走者に触れた場合。

(5) フェア飛球が、本塁からの距離が250フィート(76.199メートル)以上あるフェンスを越えるか、 スタンドに入った場合、打者がすべての塁を正規に触れれば、本塁打が与えられる。 フェア飛球が、本塁からの距離が250フィート(76.199メートル)未満のフェンスを越えるか、ス タンドに入った場合は、二塁打が与えられる。

(6) フェアボールが、地面に触れた後、バウンドしてスタンドに入った場合、または フェンス、スコアボード、灌木およびフェンス上のつる草を抜けるか、その下をく ぐるか、挟まって止まった場合には、打者、走者ともに2個の進塁権が与えられる。

【注】〝地面に触れた〟とあるのは、インフライトでない状態を指す。

(7) フェアボール(地面に触れたものでも、地面に触れないものでも)が、フェンス、 スコアボード、灌木およびフェンス上のつる草を抜けるか、その下をくぐった場合、 フェンスまたはスコアボードの隙間を抜けた場合、あるいはフェンス、スコアボー ド、灌木およびフェンスのつる草に挟まって止まった場合には、打者、走者ともに2 個の進塁権が与えられる。

(8) バウンドしたフェアボールが、野手に触れて進路が変わり、フェア地域またはフ ァウル地域のスタンドに入った場合か、フェンスを越えるか、くぐるかした場合、 打者、走者ともに2個の進塁権が与えられる。

(9) フェア飛球が野手に触れて進路が変わり、

(A) ファウル地域のスタンドに入るか、またはファウル地域のフェンスを越えた場 合 — 打者に二塁が与えられる。

(B) フェア地域のスタンドに入るか、またはフェア地域のフェンスを越えた場合 — 打者に本塁が与えられる。

ただし(B)の場合、そのスタンドまたはフェンスが、本塁から250フィート(76.199メートル) 未満の距離にあるときは、打者に二塁が与えられるだけである。 【注】(a)項各規定で、打者、走者ともに2個の進塁権が与えられる場合は、投手の投 球当時に占有していた塁を基準とする。

(b)〈6.08〉打者は、次の場合走者となり、アウトにされるおそれなく、安全に一塁が与 えられる。(ただし、打者が一塁に進んで、これに触れることを条件とする)

(1) 審判員が〝四球〟を宣告した場合。

【原注】監督からのシグナルを得て審判員より一塁を与えられた打者を含む、ボール4個を得て一塁への安全進塁権を得た打者は、一塁へ進んでかつこれに 触れなければならない義務を負う。これによって、塁上の走者は次塁への進塁を余 儀なくされる。この考え方は、満塁のときおよび代走者を出場させるときにも適用される。

打者への〝四球〟の宣告により、進塁を余儀なくされた走者が何らかのプレイが あると思い込んで塁に触れずにまたは触れてからでも、その塁を滑り越してしまえ ば、野手に触球されるとアウトになるまた、与えられた塁に触れそこなってその塁 よりも余分に進もうとした場合には、身体またはその塁に触球されればアウトになる。

3版解説 四球の場合の進塁義務 より>

 ボール4個を得て、または故意四球の申告により、打者はアウトにされる恐れなく一塁に進むことができる。(5.05(b)(1))
 したがって、四球で一塁への安全進塁権を得た打者は、一塁へ進み、かつこれに触れなければならない義務を負う。これは満塁のときおよび代走が出たときにも適用される。(同[原注])

 打者(四球を得て走者になった)は、一塁に進みかつこれに触れることを条件にアウトにされる恐れなく一塁に進塁できる(5.05(b))。同じことが打者が四球を得たため進塁を余儀なくされた走者にも適用される。もし、進塁の際、プレイがあると勘違いし、ベースに触れる前または触れた後に、ベースを滑りこしてしまえば、タッグされればアウトになる。(同[原注])

 もし、走者が安全進塁権を得た塁を踏まないで次塁へ進もうとした場合、守備側が走者にタッグするか、踏み損ねた塁に触球すればその走者はアウトになる。(5.05(b)(3)[付記])
 なお、故意四球の申告が行われるときはボールデッドであるから、上記のように走者が安全進塁権を得た塁を滑りこしたり、踏み損ねたりしてアウトになるケースは、通常では起こりえない。 (定義 7)

付記:打者走者は四球を得て一塁ベースを走り越すことは構わない。(すなわち、打者走者は四球を得て直ちに帰塁することを条件に一塁をオーバーランすることができる。アウトにされることはない。)(5.09(b)(4)[例外]、5.09(b)(11)、5.09(c)(3))

3版解説 故意四球の申告制 より>

2018年(OBRは2017年)の改正により、次の「故意四球の申告制」に関する規定が追加された(下線部が追加部分)。 

5.05(b)(1)原注:監督からのシグナルを得て審判員より一塁を与えられた打者を含む、ボール4個を得て一塁への安全進塁権を得た打者は、一塁へ進んでかつこれに触れなければならない義務を負う。 

9.14(d) :守備側チームの監督が、打者を故意四球とする意思を球審に示して、打者が一塁を与えられたときには、故意四球が記録される。 

定義 7:打者が打撃中にボール4個を得るか、守備側チームの監督が打者を故意四球とする意思を審判員に示し、一塁へ進むことが許される裁定である。守備側チームの監督が審判員に故意四球の意思を伝えた場合(この場合はボールデッドである)、打者には、ボール4個を得たときと同じように、一塁が与えられる。 

申告制の故意四球は、試合時間の短縮を図るために新設されたもので、要約すると次のようになる。

     故意四球とする場合、必ず申告制にしなければいけないわけではない。

     守備側チームの監督が審判員に故意四球の意思を示せば、投手は実際に投 球することなく、打者を一塁に歩かせることができる。この場合はボールデッドとなる。

     攻撃側チームが拒否することはできない。

     カウントの途中からでも、守備側チームの監督の意思表示があれば認められる。

     交代して出場した投手が、最初の打者を故意四球の申告により1球も投げないで歩かせた場合も、規則5.10(g)の義務を果たしたことになるので、次の打者のときに交代することができる。また、一塁に進んだ打者はこの投手の自責点の対象となる。

この故意四球の申告制は、WBSC(世界野球ソフトボール連盟)の大会においても、2018年のシーズンから適用される。

なお、故意四球の申告制は、2006年に台湾で開催されたインターコンチネンタルカップで採用されたことがある。当時の国際野球連盟(IBAF)が導入し、 監督の申告後、投手に1球を投げさせてから球審が打者に一塁を与えた。

(2) 打者が打とうとしなかった投球に触れた場合。

ただし、(A)バウンドしない投球が、ストライクゾーンで打者に触れたとき、(B) 打者が投球を避けないでこれに触れたときは除かれる。

バウンドしない投球がストライクゾーンで打者に触れた場合には、打者がこれを 避けようとしたかどうかを問わず、すべてストライクが宣告される。

しかし、投球がストライクゾーンの外で打者に触れ、しかも、打者がこれを避け ようとしなかった場合には、ボールが宣告される。

【規則説明】打者が投球に触れたが一塁を許されなかった場合も、ボールデッドとな り、各走者は進塁できない。

【注1】〝投球がストライクゾーンで打者に触れた〟ということは、ホームプレート の上方空間に限らず、これを前後に延長した空間で打者に触れた場合も含む。

【注2】投球が、ストライクゾーンの外で打者に触れた場合でも、その投球が、スト ライクゾーンを通っていたときには、打者がこれを避けたかどうかを問わず、ス トライクが宣告される。

【注3】打者が投球を避けようとしたかどうかは、一に球審の判断によって決定され るものであって、投球の性質上避けることができなかったと球審が判断した場合 には、避けようとした場合と同様に扱われる。

【注4】投球がいったん地面に触れた後、これを避けようと試みた打者に触れた場合 も、打者には一塁が許される。ただし、ストライクゾーンを通ってからバウンド した投球に触れた場合を除く。

(3) 捕手またはその他の野手が、打者を妨害(インターフェア)した場合。

しかし、妨害にもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側チームの監督 は、そのプレイが終わってからただちに、妨害行為に対するペナルティの代わりに、 そのプレイを生かす旨を球審に通告することができる。

ただし、妨害にもかかわらず、打者が安打、失策、四球、死球、その他で一塁に 達し、しかも他の全走者が少なくとも1個の塁を進んだときは、妨害とは関係なく、 プレイは続けられる。

【原注】捕手の妨害が宣告されてもプレイが続けられたときは、そのプレイが終わってからこれを生かしたいと監督が申し出るかもしれないから、球審はそのプレイを継続 させる。

打者走者が一塁を空過したり、走者が次塁を空過しても、〔5.06b3付記〕に規定されているように、塁に到達したものとみなされる。

監督がプレイを選ぶ場合の例。

① 1アウト走者三塁、打者が捕手に妨げられながらも外野に飛球を打ち、捕球後三塁 走者が得点した。監督は、打者アウトで得点を記録するのと、走者三塁、一塁(打者 が打撃妨害により出塁)とのいずれを選んでもよい。

② 0アウト走者二塁、打者は捕手に妨げられながらもバントして走者を三塁に進め、 自らは一塁でアウトになった監督は、0アウト走者二塁、一塁とするよりも、走者三 塁で1アウトとなる方を選んでもよい。

三塁走者が盗塁またはスクイズプレイにより得点しようとした場合のペナルティは、 6.01(g)に規定されている。

投手が投球する前に、捕手が打者を妨害した場合、本項でいう打者に対する妨害とは考えられるべきではない。このような場合には、審判員は〝タイム〟を宣告して〝 出発点〟からやり直させる。

【注1】監督がプレイを生かす旨を球審に通告するにあたっては、プレイが終わったら、 ただちに行なわなければならない。なお、いったん通告したら、これを取り消すこ とはできない。

【注2】監督がペナルティの適用を望んだ場合、次のとおり解釈できる。

捕手(または他の野手)が打者を妨害した場合、打者には一塁が与えられる。三塁走者が盗塁またはスクイズプレイによって得点しようとしたときに、この妨害があ った場合にはボールデッドとし、三塁走者の得点を認め、打者には一塁が与えられ る。

三塁走者が盗塁またはスクイズプレイで得点しようとしていなかったときに、捕 手が打者を妨害した場合にはボールデッドとし、打者に一塁が与えられ、そのため に塁を明け渡すことになった走者は進塁する盗塁を企てていなかった走者と塁を明 け渡さなくてもよい走者とは、妨害発生の瞬間に占有していた塁にとめおかれる。

3版解説 捕手の妨害 より>

捕手の打者への妨害が宣告されてもプレイが続けられたときには、監督がプレイを選択することができるから審判員はプレイを継続させる。ただし、打者走者が一塁に達し、かつ他のすべての走者が1個の塁を進んだ場合は、プレイはそのまま続けられ、監督は妨害のペナルティを選択することはできない。

審判員は、捕手の妨害があったことをポイントで示し、妨害をコールする。プレイが一段落したら、審判員は妨害によるペナルティ(打者に一塁を与えるなど)の処置をとり、監督の選択権を待つ。監督は、プレイが終わってから直ちに、プレイを生かすか、妨害のペナルティを選択するかを審判員に通告せねばならない。そして一旦通告したらその選択は変えることはできない。

打者走者が一塁を空過したり、走者が次塁を空過した場合、規則5.05(b)(3)[原注]、5.06(b)(3)[付記]、6.01(c)[原注]および6.02(a)[規則説明2]に規定されているように、次塁に達したものとみなされる。

一塁ベースを空過し、アピールでアウトになった走者は、この規則の適用に当たっては1個の塁を進んだものとみなされる。

走者が盗塁をしようとしていたときに捕手が打者を妨害した場合、走者には妨害で塁が与えられる。盗塁行為をしていないか塁を明け渡さなくてもよい走者は、妨害発生の瞬間に占有していた塁に留まる。ただし規則6.01(g)が適用される場合を除く。規則6.01(g)では、走者が本盗しようとしたとき、捕手が本塁の上または前方に出て打者を妨害すれば、ボークのペナルティが追加で課せられ、すべての走者は盗塁行為があったかどうかに関係なく1個の塁が与えられる。(規則5.05(b)(3)、5.06(b)(3)(D)、6.01(c)、6.01(g))

3版解説 正規の投球と打撃妨害 より>

正規の投球に捕手または野手による打撃妨害があった場合;

例題1: ワンアウト走者二塁、正規の投球に対して捕手の打撃妨害があり、打球はファウルボールとなった。このとき二塁走者は盗塁を企てていなかった。

――― 打者は打撃妨害で一塁へ、ワンアウト走者一・二塁で試合再開となる(5.05(b)(3)、6.01(c))

例題2: ワンアウト走者二塁、正規の投球に対して捕手の打撃妨害があり、打球はファウルボールとなった。このとき二塁走者に盗塁の企てがあった。

――― 打者は打撃妨害で一塁へ、盗塁の企てがあった二塁走者は三塁へ。ワンアウト走者一・三塁で試合再開となる(5.06(b)(3)(D))。二塁走者は記録上盗塁となる。

例題3: 走者二塁。打者は捕手に妨げられながらもバントして走者を三塁に進め、自らは一塁でアウトになった。

――― 打撃妨害で打者を一塁に進め、走者一・二塁で試合再開か、あるいはワンアウト走者三塁で試合再開か、攻撃側の監督に選択権がある。(5.05(b)(3)、同[原注]②)

例題4: ワンアウト走者二塁。二塁走者が盗塁。投手の投球に対し打者のバットが捕手のミットに触れ、打撃妨害が宣告されたが捕手は捕球した。捕手はそのまま三塁へ送球したが悪送球となって二塁走者は一気にホームインした。この得点は認められるか。

――― 得点は認められない。なぜなら、妨害にもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側のアドバンテージが認められるが、例題のように、捕手が捕球をしてしまえば、その時点でプレイは終わったとみなされ、そこでボールデッドとなる。したがって、捕手の悪送球およびその後のプレイは無効となり、規則5.06(b)(3)(D)により二塁走者は三塁へ、打者は打撃妨害で一塁へ進み、ワンアウト走者一・三塁で試合再開となる。

例題5: ワンアウト走者一・三塁。打者は打撃妨害を受けながらも打ってセカンドゴロ。二塁手は捕って遊撃手に送球。4-6-3のダブルプレイのケース。一塁走者はフォースアウト。しかし、遊撃手から一塁への送球が悪送球となってボールは転々として、打者走者は二塁まで進んだ。ダブルプレイ崩れの間に三塁走者もホームイン。さて、プレイはどこで止めるか。一塁走者が二塁でアウトになったときか?

――― 打撃妨害の場合、攻撃側の選択権が残るので、一塁走者の二塁でのアウトの時点ではタイムはかけられず、プレイが落ち着いてからタイムとなって打撃妨害の処置をとり、攻撃側の選択権を待つ。つまりワンアウト走者満塁をとるか、プレイを生かし、ツーアウト走者二塁、得点1をとるかということになる。また、この状況が9回裏で起きれば、実際のゲームは試合終了となるであろうが、理屈からいけば上記の処置となる。

3版解説 ボークと打撃妨害 より>

ボーク後の投球に捕手または野手による打撃妨害があった場合を考えてみるが、まず次の点を頭にいれておくと理解がしやすい。

・打者は打撃妨害で一塁に行くケースと打ち直しのケースとがある。

・最低でも走者はボークで1個進塁できる。

・走者が、打者が一塁へ進んだことで押し出されるような場合は、そのままプレイは続く。

・走者に盗塁行為があったときは盗塁が認められる。

・打者が打撃妨害で一塁へ行けたとしても、走者が1個進んでいなかったような場合は、ボークが適用され、打者は打ち直しとなる。(ただし、規則6.01(g)のケースを除く)

・時間的にもボークが先に発生しているので、打者、走者ともに1個進んでいないような場合は、ボークの処置が優先される。

・打者も走者も各1個進塁したときは、そのままプレイは続く。

次に事例で見てみる。

例題1:走者一塁、一・二塁、または満塁のときは、打撃妨害で打者は一塁が与えられ、各走者は押し出されて1個進塁する(6.02(a)ペナルティ後段)。

例題2:走者二塁、打者が打撃妨害を受けながら三塁ゴロを打ち、一塁でアウトになった。このとき、二塁走者には盗塁行為がなかった。

―――ボークにより二塁走者は三塁へ。走者三塁、打者は打ち直しで試合再開(6.02(a)ペナルティ前段)

例題3:同上のケースで、二塁走者に盗塁行為があった。

―――二塁走者は三塁へ(記録は盗塁)、打者には打撃妨害で一塁が与えられ、走者一・三塁で試合再開。盗塁の企てがあれば、規則5.06(b)(3)(D)同様、その走者に盗塁を与えるとの解釈をとる。

例題4:走者二塁。打者は打撃妨害を受けながら二塁ゴロ。打者は二塁手のエラーで一塁に生きたが、二塁走者は二塁にとどまった。

―――打者は一塁に進んだが、走者が1個進んでいないので、ボークが適用され、走者三塁、打者打ち直しで試合再開となる。(6.02(a)ペナルティ前段)

例題5:三塁走者が盗塁またはスクイズによって得点しようとしたときに打撃妨害があった。

―――ボークにより三塁走者の得点を認め、打者には打撃妨害で一塁が与えられる。(6.01(g))

例題6:走者一・三塁でスクイズが行われた。このとき打者に打撃妨害があった。

――― 一塁走者、三塁走者ともボークで1個進塁し、打者には打撃妨害で一塁が与えられる。得点1、走者一・二塁で試合再開。(6.01(9))

例題7:走者二・三塁でスクイズが行われた。このとき打者に打撃妨害があった。しかし、二塁走者には盗塁行為がなかった。

―――2009年度から規則6.01(g)[注3]が、「本条は、正規の投球、不正規の投球を問わず適用される」と改正になったことから、打者は打撃妨害で一塁へ、二塁走者、三塁走者ともボークで1個進塁し、得点1、走者一・三塁で試合再開となる。

3版解説 打撃妨害と空振り より>

例題1:規則5.05(b)(3)、6.01(c)の「その他」の解釈に関して、いわゆる振り逃げの状況で打者が捕手に妨害されながらスイングしたが、投球に触れず、捕手が後逸して、ボールは転々とした。この場合の処置は?

――― まず空振りでも捕手の打撃妨害は成立する。つぎに、打撃妨害+振り逃げ+捕手後逸のケースも「その他」に含まれるので、捕手が後逸して、打者が振り逃げで一塁に生き、他の走者も1個進塁していれば、妨害はなかったものとしてプレイは続けられる。

例題2:走者満塁、初球を打者が捕手の妨害で空振り。その投球を捕手が後逸し、2走者が生還。一塁走者は三塁まで進んだ。このケースで監督の選択権はあるのか、あるとすれば、

① 打撃妨害で打者は一塁へ、三塁走者は押し出されて本塁へ、得点1、満塁で試合再開

② 得点2、走者三塁、打者のカウントは1ストライクで試合再開のいずれかとなる。

――― 捕手の妨害(打撃妨害)にもかかわらずプレイが続けられたときは、攻撃側の監督は常にペナルティをとるか、プレイを生かすかの選択権を有する。空振りでも間違いなく捕手の妨害に当たる。したがって、攻撃側の監督は上記いずれかを選択できる。

3版解説 打撃妨害のペナルティを選択した場合に、走者は塁の踏み直しに戻れるか、あるいは守備側はアピールすることができるか より>

例題: 走者三塁。打者は打撃妨害されながらも外野に飛球を打ち(アウト)、走者はタッグアップしてホームインした。審判員は打撃妨害の処置をとり、三塁走者を三塁に戻し、打者を一塁に進めた。このとき離塁が早かったと思った三塁走者は三塁を踏み直すことができるのか、あるいは守備側が離塁が早かったとアピールすることができるのか?

――― プレイが止まったらただちに打撃妨害の処置はとられるので通常は守備側がアピールする時間はないが、しかし守備側がその処置の前にアピールをすることがあれば審判員はそのアピールを受けざるを得ないと考える。

打撃妨害のペナルティの処置がとられた後は、走者は元の塁に立っているので、仮に離塁が早かったとしても、その違反は無視され、もはや踏み直しの必要はなく、またそれに対する守備側のアピールも認められない。

なお、プレイを生かすことを選択した場合は、「得点に至ったプレイ」を選択したことを意味し、もしそのプレイにアピールのリスクがあってもそれを承知の上で攻撃側は選択したことになる。離塁が早かったという事実は、打撃妨害の処置をとられたからといって消えるものではない。したがって、仮に離塁が早かったときにアピールがあれば走者はアウトとなって得点は認められないことになる。審判員が打撃妨害の処置をとったことで守備側のアピールの機会を封じてしまうのは合理性があるとは言えず、守備側にとっては納得のいかない処置となる。(6.01(c)、5.09(c)(1))

(4) 野手(投手を含む)に触れていないフェアボールが、フェア地域で審判員または走者に触れた場合。

ただし、内野手(投手を除く)をいったん通過するか、または野手(投手を含む)に触れたフェアボールが審判員に触れた場合にはボールインプレイである。