5.06(b) 進塁

(1)〈7.02〉走者は進塁するにあたり、一塁、二塁、三塁、本塁の順序に従って、各塁 に触れなければならない。逆走しなければならないときも、5.06(c)の各規定のボー ルデッドとなっていない限り、すべての塁を逆の順序で、再度触れて行かなければ ならない。前記のボールデッドの際は、途中の塁を踏まないで、直接元の塁へ帰る ことはさしつかえない。

【注1】ボールインプレイ中に起きた行為(たとえば悪送球、ホームランまたは柵外に 出たフェアヒットなど)の結果、安全進塁権が認められたときでも、走者が、進塁ま たは逆走するにあたっては、各塁を正規に触れなければならない。

【注2】〝逆走しなければならないとき〟というのは、

①  フライが飛んでいるうちに次塁へ進んだ走者が、捕球されたのを見て帰塁しょう とする場合(5.09b5参照)

②  塁を空過した走者が、その塁を踏み直す場合(5.09c2参照)

③  自分よりも前位の走者に先んじるおそれがある場合(5.09b9参照) を指すものであって、このようなときでも、逆の順序で各塁に触れなければならな い。

(2)〈7.03b〉打者が走者となったために進塁の義務が生じ、2人の走者が後位の走者が進むべき塁に触れている場合には、その塁を占有する権利は後位の走者に与えられているので、前位の走者は触球されるか、野手がボールを保持してその走者が進むべき塁に触れればアウトになる。(5.09b6参照)

(3)〈7.04〉次の場合、打者を除く各走者は、アウトにされるおそれなく1個の塁が与えられる。

(A) ボークが宣告された場合。

(B) 打者が次の理由で走者となって一塁に進むために、その走者が塁を明け渡さなければならなくなった場合。

①  打者がアウトにされるおそれなく、一塁に進むことが許された場合。 ②  打者の打ったフェアボールが、野手(投手を含む)に触れる前か、または野手(投 手を除く)を通過する前に、フェア地域で審判員もしくは他の走者に触れた場合。

【原注】安全進塁権を得た走者が、与えられた塁に触れた後さらに進塁することはさし つかえないが、その行為の責任はその走者自身が負うだけで、たとえ与えられた塁に触れた後にアウトになった場合でも、他の走者の安全進塁権に影響を及ぼすことはない。

したがって、2アウト後その走者が与えられた塁に触れた後にアウトになり、第3ア ウトが成立しても安全進塁権がある前位の走者は、そのアウトの後で本塁を踏んでも得点として認められる。

例— 2アウト満塁、打者四球、二塁走者が勢いこんで、三塁を回って本塁の方へ向 かってきたが、捕手からの送球で触球アウトとなった。たとえ2アウト後であっても、 四球と同時に三塁走者が本塁に押し出されたので、すべての走者に次塁へ進んで触れ る必要が生まれたという理論に基づいて得点が記録される。

【注】 本項〔原注〕は、打者が四球を得たために、塁上の各走者に次塁への安全進塁 権が与えられた場合だけに適用される。

(C) 野手が飛球を捕らえた後、ボールデッドの箇所に踏む込んだり、倒れ込んだ場合。

【原注】野手が正規の捕球をした後、ボールデッドの箇所に踏む込んだり、倒れ込んだ場合、ボールデッドとなり、各走者は野手がボールデッドの箇所に入ったときの占有塁から1個の進塁が許される。

(D) 走者が盗塁を企てたとき、打者が捕手またはその他の野手に妨害(インターフェア) された場合。

【注】本項は、盗塁を企てた塁に走者がいない場合とか、進もうとした塁に走者がいても、その走者もともに盗塁を企てていたために次塁への進塁が許される場合だけに適 用される。しかし、進もうとした塁に走者があり、しかもその走者が盗塁を企ててい ない場合には、たとえ盗塁行為があってもその走者の進塁は許されない。また単に塁 を離れていた程度では本項は適用されない。

(E) 野手が帽子、マスク、その他着衣の一部を本来つけている個所から離して、投球に 故意に触れさせた場合。

この際はボールインプレイで、ボールに触れたときの走者の位置を基準に塁が与え られる。

【5.06b3付記】ボールインプレイのもとで1個の塁に対する安全進塁権を得た走者が、その塁を踏まないで次塁へ進もうとした場合、および2個以上の塁に対する安全進塁権を得た走者が、与えられた最終塁に達した後はボールインプレイになる規則のもとで、 その塁を踏まないで次塁へ進もうとした場合は、いずれもその走者は安全進塁権を失ってアウトにされるおそれがある状態におかれる。したがって、その進むことが許された塁を踏み損ねた走者は、その空過した塁に帰る前に、野手によってその身体また はその塁に触球されれば、アウトとなる。

【注】たとえば、打者が右中間を抜こうとするような安打を打ったとき、右翼手が止めようとしてこれにグラブを投げつけて当てたが、ボールは外野のフェンスまで転じ去った。打者は三塁を空過して本塁へ進もうとしたが、途中で気がついて三塁へ踏み直しに帰ろうとしたこの際、打者はもはや三塁へ安全に帰ることは許されないから、その打者が三塁に帰る前に、野手が打者または三塁に触球してアピールすれば、打者はアウトになる。(5.06b4C参照)

3版解説 投球、送球、ゴロの打球を捕った勢いでボールデッドの個所へ より>

例題:投球、送球、ゴロの打球を捕った勢いでそのままボールデッドゾーンに出てしまった場合も、規則5.06(b)(3)(C)、5.12(b)(6)が適用されるのか?

――――― 規則は正規の野球場を想定して規定されているが、白線等でボールデッド  ゾーンを表示している球場も数多くみられる。規則適用上の解釈としては、次のとおり整理できるが、球場の形状もさまざまなので、試合前にその球場の特別規則を確認しておく必要がある。

(1)投球をそらした捕手または野手が、ボールを追っかけていって捕った後、余勢で捕手または野手がボールデッドの個所に踏み込んだ場合

捕手または野手がボールデッドの個所に踏み込んだが倒れなかった場合、踏み込んで倒れこんでしまった場合のいずれを問わず、規則5.06(b)(4)(H)[規則説明]を適用して、捕球後、捕手または野手がボールデッドの個所に踏み込んだ時点でボールデッドとなり、投手の投球当時の各走者の位置を基準として、各走者に2個の塁を与える。

(2)たとえば悪送球となった送球を追っかけて行った野手が、捕球後余勢でボールデッドの個所に踏み込んだ場合

この場合も、野手が捕球後ボールデッドの個所に踏み込んで倒れこんだ場合、倒れこまなかった場合を問わず、規則5.06(b)(4)(G)を適用して、送球がボールデッドの個所に入ったときと同様、野手がボールデッドの個所に踏み込んだときの各走者の位置を基準に2個の塁が与えられる。

(3)ゴロの打球を捕った野手が、その勢いでボールデッドの個所に踏み込んだ場合 

上記(2)同様、野手がボールデッドの個所に踏み込んだときの各走者の位置を基準に2個の塁が与えられる。

ボールがボールデッドの個所に入った場合の安全進塁権について分かり易く整理すると次のとおりとなる。

上表のとおり、そらした投球、悪送球またはゴロの打球を追っかけて、そのボールを捕球した勢いでボールデッドの個所へ踏み込んでしまったような場合、ボールが野手に触れてボールデッドの個所へ入ったときと同じ取扱いになる(ただし、上表中最後の2例を除く)。

(4)〈7.05〉次の場合、各走者(打者走者を含む)は、アウトにされるおそれなく進塁する ことができる。

(A) 本塁が与えられ得点が記録される場合 — フェアボールがインフライトの状 態でプレイングフイールドの外へ出て、しかも、各走者が正規に各塁に触れた場合。 また、フェアボールがインフライトの状態で、明らかにプレイングフイールドの外 へ出ただろうと審判員が判断したとき、野手がグラブ、帽子、その他着衣の一部を 投げつけて、その進路を変えた場合。

【注1】フェアの打球がインフライトの状態で、明らかにプレイングフイールドの外へ出ただろうと審判員が判断したとき、観衆や鳥などに触れた場合には、本塁が与えられる。

送球またはインフライトの打球が、鳥に触れた場合は、ボールインプレイでありインフライトの状態は続く。しかし、プレイングフイールド上(地上)の鳥または動物に触れた場合は、ボールインプレイであるが、インフライトの状態でなくなる。 また、投球が鳥に触れた場合は、ボールデッドとしてカウントしない。犬などがフ ェアの打球、送球または投球をくわえたりした場合には、ボールデッドとして審判員の判断によって処置する。

【注2】〝その進路を変えた場合〟とあるが、インフライトの状態で、明らかにプレイ ングフイールドの外へ出ただろうと審判員が判断したフェアの打球が、野手の投げ つけたグラブなどに触れて、グラウンド内に落ちたときでも、本項が適用される。

(B) 3個の塁が与えられる場合 — 野手が、帽子、マスクその他着衣の一部を、本 来つけている個所から離して、フェアボールに故意に触れさせた場合。

この際はボールインプレイであるから、打者はアウトを賭して本塁に進んでもよい。

(C) 3個の塁が与えられる場合 — 野手が、グラブを故意に投げて、フェアボール に触れさせた場合。 この際はボールインプレイであるから、打者はアウトを賭して本塁に進んでもよい。

【注】ここにいうフェアボールとは、野手がすでに触れていたかどうかを問わない。

(D) 2個の塁が与えられる場合 — 野手が、帽子、マスクその他着衣の一部を、本 来つけている個所から離して、送球に故意に触れさせた場合。 この際はボールインプレイである。

(E) 2個の塁が与えられる場合 — 野手が、グラブを故意に投げて、送球に触れさ せた場合。 この際はボールインプレイである。

【BCDE原注】投げたグラブ、本来の位置から離した帽子、マスクその他がボールに触れなければ、このペナルティは適用されない。

【CE原注】このペナルティは、打球または送球の勢いにおされて、野手の手からグラブが脱げたとき、あるいは正しく捕らえようと明らかに努力したにもかかわらず、 野手の手からグラブが脱げた場合などには、適用されない

【BCDE注】野手により、各項の行為がなされた場合の走者の進塁の起点は、野手が 投げたグラブ、本来の位置から離した帽子、マスクその他が打球または送球に触れた瞬間とする。

(F) 2個の塁が与えられる場合 — フェアの打球が、

①  バウンドしてスタンドに入るか、または野手に触れて進路が変わって、一塁ま たは三塁のファウル線外にあるスタンドに入った場合。

②  競技場のフェンス、スコアボード、灌木、またはフェンスのつる草を抜けるか、 その下をくぐるか、挟まって止まった場合。

(G) 2個の塁が与えられる場合 — 送球が、

①  競技場内に観衆があふれ出ていないときに、スタンドまたはベンチに入った場合。(ベンチの場合は、リバウンドして競技場に戻ったかどうかを問わない)

②  競技場のフェンスを越えるか、くぐるか、抜けた場合。

③  バックストップの上部のつぎ目から、上方に斜めに張ってある金網に上がった 場合。

④  観衆を保護している金網の目に挟まって止まった場合。 この際は、ボールデッドとなる。

審判員は2個の進塁を許すにあたって、次の定めに従う。すなわち、打球処理直後 の内野手の最初のプレイに基づく悪送球であった場合は、投手の投球当時の各走 者の位置、その他の場合は、悪送球が野手の手を離れたときの各走者の位置を基 準として定める。

【規則説明】悪送球が打球処理直後の内野手の最初のプレイに基づくものであっても、 打者を含む各走者が少なくとも1個の塁を進んでいた場合には、その悪送球が内野手 の手を離れたときの各走者の位置を基準として定める。

【原注】ときによっては、走者に2個の塁が与えられないこともある。

たとえば、走者一塁のとき、打者が浅い右翼飛球を打った。走者は一塁二塁間で 立ち止まっており、打者は一塁を過ぎて走者の後ろまできた。打球は捕らえられず、 外野手は一塁に送球したが、送球はスタンドに入った。すべてボールデッドとなっ たときは、走者は進む権利を与えられた塁以上には進塁できないから、一塁走者は 三塁へ、打者は二塁まで進む。

規則説明 〝悪送球がなされたとき〟という術語は、その送球が実際に野手の手を 離れたときのことであって、地面にバウンドした送球がこれを捕ろうとした野手を 通過したときとか、スタンドの中へ飛び込んでプレイから外れたときのことではな い。

内野手による最初の送球がスタンドまたはダッグアウトに入ったが、打者が走者 となっていない(三塁走者が捕逸または暴投を利して得点しようとしたときに、アウ トにしようとした捕手の送球がスタンドに入った場合など)ような場合は、その悪送 球がなされたときの走者の位置を基準として2個の進塁が許される。(5.06b4Gの適用 に際しては、捕手は内野手とみなされる)

例 走者一塁、打者が遊ゴロを打った。遊撃手は、二塁でフォースアウトしようと して送球したが間に合わなかった二塁手は打者が一塁を通り過ぎてから一塁手に悪 送球した。— 二塁に達していた走者は得点となる。(このようなプレイで、送球 がなされたとき、打者走者が一塁に達していなかったときは、打者走者は二塁が許 される)

(H) 1個の塁が与えられる場合 — 打者に対する投手の投球、または投手板上から 走者をアウトにしょうと試みた送球が、スタンドまたはベンチに入った場合、競技 場のフェンスまたはバックストップを越えるか、抜けた場合。

この際はボールデッドとなる。

【規則説明】投手の投球が捕手を通過した後(捕手が触れたかどうかを問わない)、ダッグアウト、スタンドなどボールデッドの個所に入った場合、および投手板に触れている投手が走者をアウトにしようと試みた送球が直接前記の個所に入った場合、1個の塁が与えられる。
 しかしながら、投球または送球が、捕手または他の野手を通過した後、プレイングフィールド内にあるボールを捕手または野手が蹴ったり、捕手または野手にさらに触れたりして、前記の個所に入った場合は、投球当時または送球当時の走者の位置を基準として2個の塁が与えられる。

(I) 四球目、三振目の投球が、球審か捕手のマスクまたは用具に挟まって止まった場合、1個の塁が与えられる。

ただし、打者の四球目、三振目の投球が(H)および(I)項規定の状態になっても、 打者には一塁が与えられるにすぎない。

【原注1】走者がアウトにされることなく1個またはそれ以上の塁が与えられたときでも、 与えられた塁またはその塁に至るまでの途中の塁に触れる義務を負うものである。

例—打者が内野にゴロを打ち、内野手の悪送球がスタンドに飛び込んだ。打者走者は 一塁を踏まないで二塁に進んだ。打者走者は二塁を許されたわけだが、ボールインプ レイになった後、一塁でアピールされればアウトになる。

【原注2】飛球が捕らえられたので元の塁に帰らなければならない走者は、グラウンドル ールやその他の規則によって、余分の塁が与えられたときでも投手の投球当時の占有塁のリタッチを果たさなければならない。この際、ボールデッド中にリタッチを果た してもよい。また、与えられる塁はリタッチを果たさなければならない塁が基準となる。

【注】打者の四球目または三振目の投手の投球が、(H)項〔規則説明〕後段の状態になっ たときは、打者にも二塁が与えられる。

3版解説 用具を投球または送球に触れさせた場合 より>

守備側プレーヤーが意図的に用具(たとえばマスク、帽子など)をはずして投球に触れさせた場合、アウトの恐れなくすべての走者は用具に触れたときから1個の塁が与えられる。この際は、ボールインプレイで、すべての走者は危険を冒して与えられた塁以上に進むことができる。(5.06(b)(3)(E))

本来、安全進塁権の個所にこの1個の進塁の規定があってもおかしくないのに2006年(わが国は2007年)になって初めてこの規定が追加された。このプレイが実際に大リーグであった。あのピアザ捕手が投球をはじいて、それをマスクで拾い上げようとした。それが契機となってこの規則が明記されたということである。

この件に関して、こんな裏話がある。日本の規則委員からMLBの規則委員会に「なぜ、ミットを除いたのか」と質問したところ、「そんなプレイは見たこともないし、これからもあり得ない」と一笑に付されたという。フェアの打球(5.06(b)(4)(C))や送球(同(E))に対しては、グラブを故意に投げて触れさせた場合の規定があるのだから、捕手がミットを投げて投球に触れさせるケースも考えられると思うが、いかがだろうか。なお、仮にこのようなプレイが起きたら、規則5.06(b)(3)(E)を準用することになるだろう。

守備側プレーヤーがフェアテリトリ上の打球に故意にグラブなどの用具をはずして触れさせた場合、打者走者を含むすべての走者はアウトの恐れなく用具に触れたときから3個の塁が与えられる。この際は、ボールインプレイで、すべての走者は危険を冒して与えられた塁以上に進むことができる。(5.06(b)(4)(B)、(C))

守備側プレーヤーがファウルテリトリ上の、フェアの可能性が明らかにない打球に故意に用具をはずして触れさせたと審判員が判断した場合、それはファウルボールである。(5.06(b)(4)(C))

3版解説 フェンスに当たりスタンドインした打球 より>

規則1.01、定義41および5.06(b)(4)(A)により、フェンスに当たってスタンドインした打球は、インフライトの状態でなくなったのちにスタンドインしたことから本塁打には該当せず、二塁打とする。ラバーフェンスの上にある金網のフェンスをプレイングフイールドの内と外を分ける境界線と定め、この境界線をインフライトの状態で越えた打球を本塁打とする。なお、フェンスの頂上部に当たってスタンドインした打球は本塁打として取り扱う。また、球場固有の理由でグラウンド特別ルールを設けた場合はこの限りではない。(注:球場によって構造が異なるので境界線がどこか確認することが必要である。)

3版解説 プレイまたはプレイの企て より>

“プレイまたはプレイの企て”の解釈は、安全進塁権(5.06(b)(4)(G)) およびアピールプレイ(5.09(c))の両方に共通して適用される。

“プレイまたはプレイの企て”とは、走者をアウトにするために守備側がボールを保持して実際に行動を起こしたことをいい、たとえば走者にタッグする行為、走者をフォースアウトまたはタッグに行こうとボールを持って野手が塁または走者に向かう行為、または走者をアウトにしようと他の守備側の野手に送球する行為をいう(走者がアウトになるかどうかは関係ない)。

送球するマネまたは偽投は、“プレイまたはプレイの企て”とはみなさない。

妨害に係るプレイの介在については、後記「29.プレイの介在」を参照。

例題:

プレイまたはプレイの企てになるケース;

走者一・二塁でショートゴロ。遊撃手は二塁走者にタッグに行った(スワイプタッグ)がノータッグ、その後一塁に送球するもそれが悪送球となってスタンドに入ってしまった。

---遊撃手によるスワイプタッグは、プレイの企てとなる。したがって、一塁への送球は内野手のファーストプレイ(たとえそれがファーストスローではあっても)とはならないので、進塁の基準は悪送球がなされたときとなる。(5.06(b)(4)(G))

走者一塁でセカンドゴロ。二塁手は遊撃手にトスしたが一塁走者はセーフ。遊撃手は一塁に送球し、それが悪送球となってスタンドに入ってしまった。

---二塁手の遊撃手へのトスは、プレイの企てとなる。したがって、一塁への悪送球はファーストプレイではないので、走者には悪送球がなされたときを基準に2個の塁が与えられる。一塁走者は本塁へ、そして打者走者には二塁が認められる。(同上)

プレイまたはプレイの企てにならないケース;

野手が送球しようとして、たとえ腕を後ろへ引いても、塁へは実際には投げない偽投または送球するマネ。

ある塁にアピールする前に、投手が他の塁の走者をけん制するために行った偽投。

走者一塁。しようトゴロ。二塁手ヘトスしようとしたが止めて、一塁へ悪送球、ボールデッドの個所に入った。

---二塁手へ投げるマネはプレイまたはプレイの企てとはみなさない。したがって、この場合の進塁の基準は投球当時の走者の位置となる。(同上)

走者一・三塁。打球がしようトゴロとなったとき、一塁走者は盗塁のスタートを切っていた。遊撃手は、本塁へ送球しようとしたがやめて一塁に送球。それが悪送球となってスタンドに入った。この間、一塁走者は二塁を回っていた。

---遊撃手の本塁へ投げるマネはプレイまたはプレイの企てとはならず、したがって、一塁への送球は内野手のファーストプレイであるから、進塁の基準は投球当時となる。(同上)

3版解説 悪送球による安全進塁権 より>

規則5.06(b)(4)(G) に規定する悪送球による安全進塁権を与える基準は次のとおり整理される。

送球が内野手によるファーストプレイで、かつ送球がなされたとき打者走者がまだ一塁に達していなかった場合、進塁は投球当時を基準とする。

送球が内野手によるファーストプレイで、かつ打者走者を含むすべての走者が1個の塁を進んでいた場合は、悪送球がなされたときの走者の位置が基準となる。

送球が内野手によるファーストプレイでない場合、あるいは送球が外野手によってなされた場合は、悪送球がなされたときの走者の位置が基準となる。

内野手が打球をはじいた場合、以前「内野手が打球をはじいてもすく拾えばその後のプレイは“最初のプレイ”とする」とか「内野手がワンステップ(内野手の“リーチ”の範囲内)の範囲内でのプレイを“最初のプレイ”とする」といった解釈をとった時期もあったが、現在は打球をはじいた範囲に関係なく、その後の打球処理は“最初のプレイ”としている。

規則5.06(b)(4)(G)[規則説明]では、内野手によるファーストスローであっても、打者走者を含むすべての走者が1個の塁を進んでいた場合には、送球のときを基準に2個の塁が与えられる、と規定している(上記(2))。このケースは高いフライのときに起こり得る。内野手がバックして捕ろうとしたが落としてしまった。この間、明らかに打者も走者も1個進んでいた。野手は一塁を回っていた打者走者を刺そうと送球したが、送球はスタンドに入ってしまった。これは内野手によるファーストスローであるが、打者走者を含むすべての走者が1個進んでいたので、悪送球がなされたときに占有していた塁を基準に2個の塁が与えられる。2個の塁を与えるに当たり、審判員は打者走者を含むすべての走者が1個進んでいたことを確認する必要がある。

“悪送球がなされたとき”とは、その送球が実際に野手の手を離れたときを言い、送球が地面に当たったり、受けようとした野手を通過したり、送球がスタンドに入りボールデッドになったときを言うのではない。また、わが国では、“悪送球が野手の手を離れたときの走者の位置”については、走者の占有塁を基準にするのではなく、“各走者の立っているところ”との解釈をとっている。(1980年プロ・アマ合同規則委員会の結論を2015年に同委員会にて再確認)

例題:1アウト、走者一・二塁。二塁走者がけん制で誘い出され、二・三塁間でランダウンプレイになった。その間、一塁走者は二塁に達していた。その後、二塁手の送球が悪送球となってボールデッドの個所に入った。

--- 2人の走者に本塁を与える。

ボールがボールデッドの個所に入って、走者がアウトの恐れなく進塁できる場合でも、走者は正規に塁を踏んでいかねばならない。

塁を与えるに当たって、正確を期すため、複数の走者がいるときは、審判員は他の審判員と協議することを勧める。協議に当たっては、進塁の基準が“投球当時”か、あるいは“悪送球がなされたとき”か、そして打者走者を含む走者がどこにいたかを確認し、素早く走者に進塁を指示することが肝要である。協議にだらだらと時間をかけてはいけない。

3版解説 ボールの進路が変わって(Deflected)ボールデッドの箇所に入った

 投球を捕手がそらし直接ボールデッドの個所に入った場合、投球当時の塁から1個の塁が与えられる。(5.06(b)(4)(H))
 同様に、投手板上からの投手の送球を野手がそらし直接ボールデッドの個所に入った場合も1個の塁が与えられる。
 しかし、規則説明では、投球または投手板上からの投手の送球が捕手または野手を通過し、プレイングフィールド内に残っている状態で、野手によって蹴飛ばされたり、進路が変わったりしてボールデッドの個所に入った場合は、投球当時から2個の塁が与えられるとしている。

 規則 5.06(b)(4)(H)[規則説明]は、2018年の規則改正によりOBRと同じ記述に変更されたが、その内容には変わりはない。
この規定は、進路が変わったことが野手の故意でない場合に適用される。もし、野手が打球または送球のボールを故意に蹴ったり、進路を変えた結果、ボールデッドの個所に入ったと審判員が判断すれば、ボールが蹴られたときまたは進路が変えられたときから2個の塁が与えられる。

以下は、ボールの進路が変わってボールデッドの個所に入った場合の事例である。
(1) 投球を捕手がそらし、直接ボールデッドの個所に入った場合、投球当時から1個の塁が与えられる。

(2) 投手板上からの投手の送球を野手がそらし、直接ボールデッドの個所に入った場合、送球のときから1個の塁が与えられる。

(3) 投球または投手板上からの送球が捕手または野手を通過し、プレイングフィールド内に残っている状態で、再び蹴られたり、進路が変えられたり(いずれも故意ではない)して、ボールデッドの個所に入った場合、投球当時の塁から2個の塁が与えられる。もし蹴られなかったら、あるいは進路が変えられなかったら、ボールはボールデッドの個所に入ったかどうかは関係ない。(5.06(b)(4)(H)[規則説明])

(4) 送球が野手からそれて直接ボールデッドの個所に入った場合、それが内野手によるファーストプレイのときは投球当時から2個の塁が与えられる。(5.06(b)(4)(G))

(5) 送球が野手を通過し、プレイングフィールド内で再び野手に蹴られたり、進路を変えられたりしてボールデッドの個所に入った場合(いずれも故意ではない)、送球のときから2個の塁が与えられる。(同上)

(6) フェアの飛球がインフライトの状態で野手に触れて、インフライトでフェアテリトリを越えてプレイングフィールドの外に出た場合、それはホームランである。(5.06(b)(4)(A)、定義41)

(7) フェアの飛球がインフライトの状態で野手に触れて、ファウルラインの外のボールデッドの個所に入った場合、投球当時から2個の塁が与えられる。(5.06(b)(4)(F)①)

(8) フェアボール(ただしインフライトの状態ではない)が野手に触れてボールデッドの個所に入った場合、投球当時から2個の塁が与えられる。(同上)

(9) 野手が打球または送球を確捕した後、ボールの進路を変えたり、蹴ってしまってボールデッドの個所に入ってしまった場合、ボールが蹴られたり、進路が変えられたりしたときの走者の位置から2個の塁が与えられる。(5.06(b)(4)(F)、(G))

(10)  野手が打球または送球を確捕した後ボールを落とし、それがボールデッドの個所に入った場合、ボールを落としたときの走者の位置から2個の塁が与えられる。(同上)

(11)  野手が故意に打球または送球を蹴るか、進路を変えてボールデッドの個所に入ったと審判員が判断した場合は、ボールを蹴るか、進路を変えたときから2個の塁が与えられる。(同上)

3版解説 投球当時とは 2016修正

アマチュア野球では、“投球当時”の解釈を、“オン・ザ・ラバー” すなわち投手が投手板を踏んだときの走者の位置としていた。しかし、2016年よりプロ野球およびMLBと同様に“投手が打者に対する投球動作を開始した時”と改めた。したがって、走者一塁で、投手がプレートに触れている間に二塁に進塁した場合は、実際に投球動作を開始した塁、すなわち二塁が投球当時の塁となる。

投球に移る前の動作、いわゆる“ストレッチ”は投球動作の開始とはみなさない。

 3版解説 進塁の起点 より>

走者の安全進塁権は、どこを起点とするのだろうか。次のとおり整理できる。

(1) 投球当時の占有塁

(2) 悪送球が野手の手を離れたときの走者の位置

(3) 用具に触れたとき

1) 野手がグラブ等を投げつけて打球に触れさせたとき・・・・・打球に触れたときの走者(打者走者を含む)の位置を基準に3個の塁が与えられる。(5.06(b)(4)(B)(C))

2) 野手がグラブ等を投げつけて送球に触れさせたとき・・・・・送球に触れたときの走者(打者走者を含む)の位置を基準に2個の塁が与えられる。(5.06(b)(4)(D)(E))

3) 野手がマスク等を投げつけて投球に触れさせたとき・・・・・投球に触れたときの走者(打者走者を含む)の位置を基準に1個の塁が与えられる。(5.06(b)(3)(E))

(4) ボールを蹴るか、進路を変えたときの走者の位置

後記「21.ボールの進路が変わって、ボールデッドの個所に入った」の(9)(11)を参照。

 ボールを落としたときの走者の位置

後記「21.ボールの進路が変わって、ボールデッドの個所に入った」の(10)を参照

<5.06b 第3版解説 ボールが鳥または動物に当たる>

打球または送球が飛んでいる鳥またはプレイングフィールド上の動物に当たった場合、ボールインプレイである。

もし投球が飛んでいる鳥またはプレイングフィールド上の動物に当たった場合は、その投球は無効となり、カウントしない。(5.06(b)(4)(A)[注1])

<5.06b 第3版解説 第3アウトのあとの四球押し出しの得点

ツーアウト後、ある走者が他の走者に先んじたためにアウトになったときは、そのアウトになった走者よりも後位の打者または走者の得点が認められないことはもちろんであるが、たとえアウトになった走者より前位の走者でも第3アウトが成立するまでに本塁を踏まなければ得点は認められない。(タイムプレイ)

ただし、ツーアウト満塁で、打者が四球を得たとき、他のいずれかの走者がいったん次塁を踏んだ後にアウトになったときだけ、その第3アウトが成立した後に三塁走者が本塁を踏んでも、得点と認められる。(5.08(a)[原注][注2]、5.06(b)(3)(B)[原注])

安全進塁権を得た走者が、与えられた塁に触れた後さらに進塁することはさしつかえないが、その行為の責任はその走者自身が負うだけで、たとえ与えられた塁に触れた後にアウトになった場合でも、他の走者の安全進塁権に影響を及ぼすことはない。

したがって、ツーアウト後その走者が与えられた塁に触れた後にアウトになり、第3アウトが成立しても安全進塁権がある前位の走者は、そのアウトの後で本塁を踏んでも得点として認められる。

例―――ツーアウト満塁、打者四球、二塁走者が勢い込んで、三塁を回って本塁の方へ向かってきたが、捕手からの送球で触球アウトとなった。たとえツーアウト後であっても、四球と同時に三塁走者が本塁に押し出されたので、すべての走者に次塁へ進んで触れる必要が生まれたという理論に基づいて得点が記録される。

本項は、打者が四球を得たために、塁上の各走者に次塁への安全進塁権が与えられた場合だけに適用される。(5.06(b)(3)[原注][注])