5.06(C) ボールデッド

〈5.09〉次の場合にはボールデッドとなり、走者は1個の進塁が許されるか、または帰塁 する。その間に走者はアウトにされることはない。

(1) 投球が、正規に位置している打者の身体、または着衣に触れた場合 — 次塁 に進むことが許された走者は進む。

(2) 球審が、盗塁を阻止しようとしたり、塁上の走者をアウトにしようとする捕手の 送球動作を妨害(インターフェア)した場合 — 各走者は戻る。

【付記】捕手の送球が走者をアウトにした場合には、妨害がなかったものとする。

【原注】捕手の送球動作に対する球審の妨害には、投手への返球も含む。

【注】捕手の送球によってランダウンプレイが始まろうとしたら、審判員はただちに 〝タイム〟を宣告して、走者を元の塁に戻す。

〈5.02〉ボールデッドとなった際は、各プレーヤーはアウトになったり、進塁したり、 帰塁したり、得点することはできない。

ただし、ボールインプレイ中に起きた行為(たとえば、ボーク、悪送球、インターフ ェア、ホームランまたはプレイングフイールドの外に出たフェアヒット)などの結果、 1個またはそれ以上の進塁が認められた場合を除く。

(3) ボークの場合 — 各走者は進む。(6.02aペナルティ参照)

(4) 反則打球の場合 — 各走者は戻る。

(5) ファウルボールが捕球されなかった場合 — 各走者は戻る。

球審は塁上の走者が、元の塁にリタッチするまで、ボールインプレイの状態にして はならない

(6) 内野手(投手を含む)に触れていないフェアボールが、フェア地域で走者または審判員に触れた場合、あるいは内野手(投手を除く)を通過していないフェアボールが、審判員に触れた場合 — 打者が走者となったために、塁を明け渡す義務が生じた各走者は進む。

走者がフェアボールに触れても、次の場合には、審判員はアウトを宣告してはなら ない。なお、この際は、ボールインプレイである。

(A) いったん内野手に触れたフェアボールに触れた場合。

(B) 1人の内野手に触れないでその股間または側方を通過した打球にすぐその後方で 触れても、このボールに対して他のいずれの内野手も守備する機会がなかったと審 判員が判断した場合。

【原注】打球が投手を通過してから、内野内に位置していた審判員に触れた場合は、 ボールデッドとなる。フェア地域で野手によってそらされた打球が、まだインフライトの状態のまま、走者または審判員に触れ地上に落ちるまでに、内野手によって 捕球されても、捕球とはならず、ボールインプレイの状態は続く。

【注】フェアボールがファウル地域で審判員に触れた場合、ボールインプレイである。

(7) 投球が、球審か捕手のマスク、または用具に挟まって止まった場合 — 各走者 は進む。

【原注】チップした打球が、球審に当たってはね返ったのを、野手が捕らえても、ボールデッドとなって、打者はアウトにはならない。チップした打球が、球審のマスクや用具に挟まって止まっても、同様である。

第3ストライクと宣告された投球が、捕手を通過して球審に当たったときは、ボールインプレイである。球審に当たってはね返ったポールが、地上に落ちる前に捕球され ても、打者はただちにアウトにはならないボールインプレイであり、打者は一塁に触 れる前に、その身体または一塁に触球されて、初めてアウトになる。

第3ストライクと宣告された投球または四球目の投球が、球審か捕手のマスクまたは 用具に挟まって止まった場合、打者には一塁が与えられ、塁上の走者には1個の進塁が 許される。

(8) 正規の投球が、得点しようとしている走者に触れた場合 — 各走者は進む。

 

<第3版解説 球審が捕手の送球動作を妨害 より>

球審が捕手の送球動作を妨害した場合、ボールデッドとなって、各走者は戻る。ただし、捕手の送球が走者をアウトにした場合には、妨害がなかったものとする。(5.06(c)(2)、同[付記])

また、捕手の送球によってランダウンプレイが始まろうとしたら、審判員は直ちに“タイム”を宣告して、走者を元の塁に戻す。(同[注])

捕手の送球動作には、盗塁を阻止しようとしたり、塁上の走者をアウトにしようとした動作とか、また投手への返球も含まれる。(定義44(c)(1)、5.06(c)(2)[原注])

例題1:走者一塁、盗塁をした。捕手が盗塁を阻止しようと二塁へ送球しようとしたところ、球審が捕手の送球動作を妨害した。

――― ボールデッドにして、走者を元の塁に戻す。

例題2:第3ストライクを確捕できなかったとき、ボールを拾って塁へ送球しようとした捕手の送球動作を球審が妨害した。

――― ボールデッドにして、打者をアウトにし、走者を元の塁に戻す。

<第3版解説 スクイズプレイと反則打球が重なった より>

ワンアウト三塁で、カウントが0ボール1ストライクから打者がスクイズを試みたが、チップした打球を捕手が確捕。本塁へ走ってきた三塁走者は三本間に挟まれダッグアウトになった。その際、打者の右足が打席を完全に踏み出しホームベースを踏んでいた。いかに処置するか。

――― 反則打球には、バットが投球に触れれば、フェアでもファウルでも、またチップした場合(捕手が捕ったときを含む)でも含まれるので、このケースは反則打球(この時点でボールデッドだからランダウンプレイは問題にならない)で打者をアウトにし、ツーアウト、走者は三塁に帰塁させ、次打者で試合再開となる。(5.09(b)(8)[注2]、6.03(a))

スクイズプレイと反則打球が重なった場合、以前は5.09(b)(8)[注2]を適用して、三塁走者をアウトにしていたが、2006年に規則改正を行い、同[注2]の後段からスクイズプレイに係る記述(「スクイズプレイの際、打者がバッタースボックスの外に出て、バントを企て、ボールをバットに当てて反則打球をしたり」)を削除し、反則打球をした打者をアウトにするようにした。

(ケーブハーツ事件)

同[注2]が生まれた背景は、さかのぼること64年前の昭和25年(1950年)に開催された日米チャンピオン同士による東西両半球選手権での、全米チャンピオンのクラブチーム(ケープハーツ)と都市対抗優勝チームの全鐘紡との試合で起きたスクイズプレイであった。この試合の8回表、ケープハーツはワンアウト走者三塁でスクイズを行った。球審は、打者(左打者で三塁走者の動きが良く見えた)が三塁走者を生かそうとして反則打球(打者は足を大きくバッタースボックスから踏み出していた)をしたから、三塁走者がアウトと判定したが、米国チームは反則打球で打者アウトを主張して譲らなかった。親善試合だったのでひとまず日本側が折れて打者アウト、三塁走者帰塁で試合再開となった。試合は6-1でケープハーツが勝った。しかし、試合が終わっても日本側はこの処置に疑問を持ち、米・大リーグのジョージ・バーに質問状を出したところ、日本側の結論で正しいと次のような回答を得て、翌昭和26年にこの[注2]が生まれた経緯がある。

「反則打球は打者アウトが原則であるが、例外はある。三塁走者とのスクイズプレイのとき、打者がボックスから足を踏み出して、投球をバットに当てたときは、フェアでもファウルでも、打者をアウトにするかわりに、三塁走者をアウトにする。反則打球を本塁の守備妨害とみなすわけである。しかし、三塁走者が本塁の方向にはしつてきでいなければ、反則打球で打者をアウトにするべきである。」

わが国は、このようなケースでは、打者が反則行為で捕手の守備を妨害したと解釈し、規則6.03(a)(1)の適用除外例として打者ではなく、守備の対象である三塁走者をアウトにしてきた。

この解釈は、当時の議論はわからないが、スクイズの成功がおぼつかないとき、三塁走者を生かそうとして打者が意図的に反則打球を行い、犠牲になってアウトになれば、攻撃側はもう一度スクイズの機会をつかめるではないか。しかし、そんなずるい野球を許してはいけない、アンフェアだ、だから守備妨害を適用して、懲罰的に、打者ではなく守備の対象である三塁走者をアウトにすべきと先達たちは考えた結果だと推測している。

このように5.09(b)(8)を適用したのは、三塁走者を生かそうとして反則打球を意図的に行うことを防止する“教育的”な狙いがあったと思われるが、現実はスクイズプレイの際、打者は必死にバットにボールを当てようとし、無意識のうちに片足をバッタースボックスの外に出していたというのが普通ではなかろうか。意図的かそうでないか、球審が見分けるのは大変難しいことである。

この我が国の解釈が果たして妥当なのか、長い間規則委員会で疑問になっていた。その疑問は、5.09(b)(8)の「打者が本塁における守備側のプレイを妨げた場合」というのは同[注1][注2]の説明のように素直に受け取るべきではないのか、反則打球のケースにまで適用して同[注2]の中の例示に含めるのは無理があるのではないかという意見、反則打球はあくまで打者の反則行為により打者をアウトにすべきであるという意見、そして国際的にも打者をアウトにしているという意見である。

日本野球規則委員会は、これらの意見を支持し、反則打球とスクイズプレイがかさなったときも、反則打球で打者をアウトにすべきであると考え、思い切って同[注2]の改正に踏み切った。こうして2006年に日本独自の解釈から国際基準にあった解釈へとようやく決着を見たということである。大改正といってよいと思う。

<第3版解説 打球または送球が偶然選手のユニフォームの中に入る より>

打球または送球が偶然選手またはコーチのユニフォームの中に入ったり、あるいは捕手のマスクまたは用具の中に入り込んだりしたら(捕手のマスクまたは用具の中に挟まって止まった場合を含む)、審判員は“タイム”を宣告する。そして、審判員の判断で、走者を次塁に進めるか、その塁に留めるかの処置をする。走者にアウトが宣告されることはない。(定義15)

なお、送球によってこのような事態が生じた場合、進塁させる基準は、送球が(最後の)野手の手を離れたときとする。

例題:ファウル飛球を捕手がいったんミットではじき、再び捕球しようとしたがボールがプロテクターと身体の間に入った。その後、捕手は一連の動作でボールを取り出し、球審に保持しているのを示した。

―――定義15にいう正規の捕球とは言いがたく、ファウルボールとするのが妥当である。

<第3版解説 中に位置した審判員に打球が当たった より

打球が投手を通過してから、内野内に位置していた審判員に触れた場合は、ボールデッドとなる。この場合、打者には一塁が与えられ、記録上は打者の安打となる。なお、塁上に走者がいた場合、打者が一塁に進むために塁を明け渡す走者以外は、投球当時の占有塁に戻る。(5.06(c)(6)、9.05(a)(5))

一方、フェアボールがファウル地域で審判員に触れた場合は、ボールインプレイである。(5.06(c)(6)[注])