(a)〈6.05〉打者アウト
打者は、次の場合、アウトとなる。

(1) フェア飛球またはファウル飛球(ファウルチップを除く)が、野手に正規に捕らえられた場合。

【原注1】野手は捕球するためにダッグアウトの中に手を差し伸べることはできるが、足を踏み込むことはできない。野手がボールを確補すれば、それは正規の捕球となる。ダッグアウトまたはボールデッドの個所(たとえばスタンド)に近づいてファウル飛球を捕らえるためには、野手はグラウンド(ダッグアウトの縁を含む)上または上方に片足または両足を置いておかなければならず、またいずれの足もダッグアウトの中またはボールデッドの個所の中に置いてはならない。正規の捕球の後、野手がダッグアウトまたはボールデッドの個所に踏み込んだり、倒れ込んだ場合、ボールデッドとなる。倒れ込まない限り、ボールインプレイである。走者については5.06(b)(3)(C)〔原注〕参照。

〈2.15〉捕球とは、野手が、インフライトの打球、投球または送球を、手またはグラブでしっかりと受け止め、かつそれを確実につかむ行為であって、帽子、プロテクター、あるいはユニフォームのポケットまたは他の部分で受け止めた場合は、捕球とはならない。
また、ボールに触れると同時、あるいはその直後に、他のプレーヤーや壁と衝突したり、倒れた結果、落球した場合は〝捕球〟ではない。
野手が飛球に触れ、そのボールが攻撃側チームのメンバーまたは審判員に当たった後に、いずれの野手がこれを捕らえても〝捕球〟とはならない。
野手がボールを受け止めた後、これに続く送球動作に移ってからボールを落とした場合は、〝捕球〟と判定される。
要するに、野手がボールを手にした後、ボールを確実につかみ、かつ意識してボールを手放したことが明らかであれば、これを落とした場合でも〝捕球〟と判定される。

【原注2】野手がボールを地面に触れる前に捕らえれば、正規の捕球となる。その間、ジャッグルしたり、あるいは他の野手に触れることがあってもさしつかえない。
走者は、最初の野手が飛球に触れた瞬間から、塁を離れてさしつかえない。
野手はフェンス、手すり、ロープなど、グラウンドと観覧席との境界線を越えた上空へ、身体を伸ばして飛球を捕らえることは許される。また野手は、手すりの頂上やファウルグラウンドに置いてあるキャンバスの上に飛び乗って飛球を捕らえることも許される。しかし野手が、フェンス、手すり、ロープなどを越えた上空やスタンドヘ、身体を伸ばして飛球を捕らえようとすることは、危険を承知で行なうプレイだから、たとえ観客にその捕球を妨げられても、観客の妨害行為に対してはなんら規則上の効力は発生しない。
ダッグアウトの縁で飛球を捕らえようとする野手が、中へ落ち込まないように、中にいるプレーヤー(いずれのチームかを問わない)によって身体を支えられながら捕球した場合、正規の捕球となる。

【注】捕手が、身につけているマスク、プロテクターなどに触れてからはね返ったフライボールを地面に取り落とさずに捕らえれば、正規の〝捕球〟となる(ファウルチップについては定義34参照)。ただし、手またはミット以外のもの、たとえばプロテクターあるいはマスクを用いて捕らえたものは、正規の捕球とはならない。

(2) 第3ストライクと宣告された投球を、捕手が正規に捕球した場合。

【原注】〝正規の捕球〟ということは、まだ地面に触れていないボールが、捕手のミットの中に入っているという意味である。ボールが、捕手の着衣または用具に止まった場合は、正規の捕球ではない。また、球審に触れてはね返ったボールを捕らえた場合も同様である。
チップしたボールが、最初に捕手の手またはミットに触れてから、身体または用具に当たってはね返ったのを、捕手が地上に落ちる前に捕球した場合、ストライクであり、第3ストライクにあたるときには、打者はアウトである。また、チップしたボールが、最初に捕手の手またはミットに当たっておれば、捕手が身体または用具に手またはミットをかぶせるように捕球することも許される。

(3) 0アウトまたは1アウトで一塁に走者がいるとき、第3ストライクが宣告された場合。

【注】0アウトまたは1アウトで一塁(一・二塁、一・三塁、一・二・三塁のときも同様)に走者がいた場合には、第3ストライクと宣告された投球を捕手が後逸したり、またはその投球が球審か捕手のマスクなどに入り込んだ場合でも、本項が適用されて打者はアウトになる。

(4) 2ストライク後の投球をバントしてファウルボールになった場合。

(5) インフィールドフライが宣告された場合。(定義40参照)

(6) 2ストライク後、打者が打った(バントの場合も含む)が、投球がバットに触れないで、打者の身体に触れた場合。

(7) 野手(投手を含む)に触れていないフェアボールが、打者走者に触れた場合。
ただし、打者がバッタースボックス内にいて、打球の進路を妨害しようとする意図がなかったと審判員が判断すれば、打者に当たった打球はファウルボールとなる。

(8) 打者が打つか、バントしたフェアの打球に、フェア地域内でバットが再び当たった場合。
ボールデッドとなって、走者の進塁は認められない。
これに反して、フェアの打球が転がってきて、打者が落としたバットにフェア地域内で触れた場合は、ボールインプレイである。ただし、打者が打球の進路を妨害するためにバットを置いたのではないと審判員が判断したときに限られる。
打者がバッタースボックス内にいて、打球の進路を妨害しようとする意図がなかったと審判員が判断すれば、打者の所持するバットに再び当たった打球はファウルボールとなる。

【原注】バットの折れた部分がフェア地域に飛び、これに打球が当たったとき、またはバットの折れた部分が走者または野手に当たったときは、プレイはそのまま続けられ、妨害は宣告されない。打球がバットの折れた部分にファウル地域で当たったときは、ファウルボールである。
バット全体がフェア地域またはファウル地域に飛んで、プレイを企てている野手(打球を処理しようとしている野手だけでなく、送球を受けようとしている野手も含む)を妨害したときには、故意であったか否かの区別なく、妨害が宣告される。
打撃用ヘルメットに、偶然、打球がフェア地域で当たるか、または送球が当たったときは、ボールインプレイの状態が続く。
打球が、ファウル地域で打撃用ヘルメット、地面以外の異物に触れたときは、ファウルボールとなり、ボールデッドとなる。
走者がヘルメットを落としたり、ボールに投げつけて打球または送球を妨害しようとする意図があったと審判員が判断したときには、その走者はアウトとなり、ボールデッドとなって、他の走者は、打球に対してのときは投手の投球当時占有していた塁、送球に対してのときは妨害発生の瞬間に占有していた塁に帰らなければならない。

【注】本項前段を適用するにあたっては、打者がバットを所持していたかどうかを問わない。

(9) 打者が、打つか、バントした後、一塁に走るにあたって、まだファウルと決まらないままファウル地域を動いている打球の進路を、どんな方法であろうとも故意に狂わせた場合。
ボールデッドとなって、走者の進塁は認められない。

(10) 打者が第3ストライクの宣告を受けた後、またはフェアボールを打った後、一塁に触れる前に、その身体または一塁に触球された場合。

【注】触球するに際しては、まずボールを保持して触れることが必要なことはもちろん、触球後においても確実にボールを保持していなければならない。
また、野手がボールを手にしていても、そのボールをグラブの中でジャッグルしたり、両腕と胸とでボールを抱き止めたりしている間は、確実に捕らえたとはいえないから、たとえ打者が一塁に触れる前に野手が塁に触れながらボールを手にしていても、確捕したのが打者が一塁に触れた後であればその打者はアウトにならない。

(11) 一塁に対する守備が行なわれているとき、本塁一塁間の後半を走るに際して、打者がスリーフットラインの外側(向かって右側)またはファウルラインの内側(向かって左側)を走って、一塁への送球を捕らえようとする野手の動作を妨げたと審判員が認めた場合。この際は、ボールデッドとなる。
ただし、打球を処理する野手を避けるために、スリーフットラインの外側(向かって右側)またはファウルラインの内側(向かって左側)を走ることはさしつかえない。

【原注】スリーフットレーンを示すラインはそのレーンの一部であり、打者走者は両足をスリーフットレーンの中もしくはスリーフットレーンのライン上に置かなければならない。

(12) 0アウトまたは1アウトで、走者一塁、一・二塁、一・三塁または一・二・三塁のとき、内野手がフェアの飛球またはライナーを故意に落とした場合。
ボールデッドとなって、走者の進塁は認められない。

【規則説明】内野手が打球に触れないでこれを地上に落としたときには、打者はアウトにならない。ただし、インフィールドフライの規則が適用された場合は、この限りではない。

【注1】本項は、容易に捕球できるはずの飛球またはライナーを、内野手が地面に触れる前に片手または両手で現実にボールに触れて、故意に落とした場合に適用される。

【注2】投手、捕手および外野手が、内野で守備した場合は、本項の内野手と同様に扱う。また、あらかじめ外野に位置していた内野手は除く。

(13) 野手が、あるプレイをなし遂げるために、送球を捕らえようとしているか、または送球しようとしているのを前位の走者が故意に妨害したと審判員が認めた場合。

【原注】この規則は攻撃側プレーヤーによる許しがたい非スポーツマン的な行為に対するペナルティとして定められたものであって、走者が塁を得ようとしないで、併殺プレイのピボットマン(併殺の際、ボールを継送するプレーヤー。すなわち遊撃手 - 二塁手 - 一塁手とわたる併殺ならば二塁手、二塁手 - 遊撃手 - 一塁手の併殺ならば遊撃手がピボットマンである)を妨害する目的で、明らかにベースラインから外れて走るような場合に適用されるものである。

【注】まだアウトにならない前位の走者の妨害行為に対する処置は、本項では定めていないように見えるが、5.09(b)(3)に規定してあるとおり、このような妨害行為に対しては、その走者はもちろん打者もともにアウトにする規則であって、このような粗暴な行為を禁止するために規定された条項である。すでにアウトになった走者または得点したばかりの走者の妨害行為に対しては、6.01(a)(5)に規定されている。

(14) 2アウト、2ストライク後本盗を企てた三塁走者が、打者への正規の投球にストライクゾーンで触れた場合。
この際、打者は〝第3ストライク〟の宣告を受けてアウトとなり、その走者の得点は認められない。しかし0アウトまたは1アウトであれば、打者は〝第3ストライク〟の宣告を受けてアウトとなり、ボールデッドになるが、その得点は認められる。

【注】0アウトまたは1アウトの場合には、他の塁の走者にも、次塁への走塁行為があったかどうかに関係なく、1個の進塁が許される。(5.06c8参照)

(15) 走者を除く攻撃側チームのメンバーが、打球を処理しようとしている野手の守備を妨害した場合。(6.01b参照。走者による妨害については5.09b3参照)

第3版解説 打者走者が一塁ベースを踏まないで通り越したときのアンパイアリングより>

例題:打者が内野ゴロを打ち、打者走者は一塁手が野手からの送球を捕球する前に一塁ベースを駆け抜けていた。しかし、このとき打者走者は一塁ベースを踏んでいなかった。アンパイアリングはどうすべきか?何もしないのか?それともセーフのジェスチャーを出すのか?

MLBのアンパイア・マニュアルでは、「審判員の正しいメカニックとしては打者走者の足が早かったのでセーフをコールする。守備側が、打者走者が一塁に戻る前に、走者または塁に触球してアピールすれば、打者走者はアウトが宣告される。」とある。

しかし、わが国では、ベースを踏んでないのにセーフを出すのは抵抗があるし、かえってセーフを出すことで混乱を招きかねないので、何もせずにその後のアクションで判定することにしている。本塁での触塁もなし、触球もなしというプレイと同じ取り扱いをする。

なお、このケースは、打者走者が一塁ベースを踏まずに通り越し、一塁手もベースに触れていない場合に起こる。打者走者が一塁ベースを踏まずに通り越した状態で、一塁手がベースに触れ捕球すれば、打者走者はアウトになることはいうまでもない。

第3版解説 三振振り逃げ より>

第3ストライクと宣告されただけで、まだアウトになっていない打者が、気がつかずに一塁に向かおうとしなかった場合、その打者は“ホームプレートを囲む土の部分”(直径26フィートの円。通常“ダートサークル”と呼ぶ)を出たらただちにアウトが宣告される。(5.05(a)(2)[原注])

以前は、打者がベンチまたは守備位置に向かっても、途中から気がついて一塁に行くことは許されていたので、守備側にとってはその打者をアウトにするための処置が必要だったが、2007年の改正で、振り逃げで一塁に走れるのに、その打者が気がつかずに(一塁に向かう意思がないと判断)ダートサークルを出ればただちにアウトを宣告できるようになった。これはスピードアップの改正の一つで、これによって守備側が次のプレイに容易に移れることになった。審判員が、打者の素振り、打者の行動を見て“一塁に向かう意思がない”と判断したらアウトを宣告する。

第2版解説 打者がバッタースボックス内にて打球に当たった より>

「野手(投手を含む)に触れていないフェアボールが、打者走者に触れた場合。ただし、打者がバッタースボックス内にいて、打球の進路を妨害しようとする意図がなかったと審判員が判断すれば、打者の当たった打球はファウルボールとなる。」(5.09(a)(7))

 では、「打者がバッタースボックス内にいて」とは、どういう状態を指すのであろうか。以下のように整理されるが、これはあくまで机上の話であって、実際プレイが動いている中で、打者がボックスの中で打球に当たったのか外で当たったのかは、一に球審の判断である。あくまで一つの目安として参考にして頂きたい。

 バッタースボックスは一部フェアテリトリにはみ出している(ホームベースもフェアテリトリにある)。

一般的には、フェアテリトリで打球に当たれば打者または走者はアウトになるが、しかし、規則5.09(a)(7)により、バッタースボックス内にいて打者が打球に当たった場合はファウルボールとすると規定されている。

また、片足がバッタースボックス内に残り、そしてもう片方の足がライン上にあってつま先がボックスの外に出てた状態で打球に当たっても(踵はライン上に残っている)、ラインは、バッタースボックスの一部であるので、ファウルボールとなる。(5.04(b)(5)[規則説明])

<第3版解説 打球がヘルメットまたはバットに当たった より>

打球が偶然(走者に妨害の意図がなかった)フェアテリトリで脱げたヘルメットに当たった場合、そのままボールインプレイである。

打球が偶然(走者に妨害の意図がなかった)ファウルテリトリでヘルメットに当たった場合、それはファウルボールである。

打球が偶然(走者に妨害の意図がなかった)ファウルテリトリでバットに当たった場合、それはファウルボールである。(5.09(a)(8)[原注])

打球が転がってフェアテリトリで打者の落としたバットに当たり、審判員が、打者走者は意図的に打球の進路を妨害したものではないと判断した場合、ボールインプレイである。

フェアボールを打つかバントした後、打者のバットがフェアテリトリで再び打球に当たった場合、打者はアウトとなってボールデッドとなる。(5.09(a)(8))

走者(打者走者を含む)が意図的にヘルメットまたはバットを落としたり、投げつけたりして打球(フェア、ファウルを間わない)を妨害したと審判員が判断した場合、走者はアウトとなって、ボールデッドとなる。すべての走者は投球当時に占有していた塁に戻る。(同[原注])

第3版解説 送球がヘルメットまたはバットに当たる より>

送球がフェアテリトリまたはファウルテリトリで偶然(走者に妨害の意図がない)ヘルメットまたはバットに当たった場合、ボールインプレイである。

走者(打者走者を含む)が意図的にヘルメットまたはバットを落としたり、投げつけたりして送球を妨害したと審判員が判断すれば、その走者はアウトとなり、ボールデッドとなって、すべての走者は妨害が発生したときに占有していた塁に戻る。(5.09(a)(8)[原注])

第2版解説 キャッチ(“Legal Catch”) より>

野手がボールを手にした後、ボールを確実につかみ、かつ意識してボールを手放したことが明らかであれば、これを落とした場合でも“捕球”と判定される。野手がボールを受け止めた後、これに続く送球動作に移ってからボールを落とした場合は、“捕球”と判定される。(定義15、5.09(a)(1))

ボールに触れると同時、あるいはその直後に、他のプレーヤーや壁と衝突したり、倒れた結果、落球した場合は“捕球”ではない。

野手が、グラブを身体にかぶせるようにしてボールを捕らえたときは「キャッチ」とみなし、ボールを両腕と胸とで抱き止めていたり、脇に挟んでいる状態では「キャッチ」とはみなされない。

例:ゴロを捕った三塁手からの一塁送球がバウンドして、一塁手はこれを両腕と胸とで抱きとめ、打者走者より早く一塁に触れた。打者走者が一塁を通過した後、一塁手はボールを取り出し、ボールを所持していることを審判員に主張した。

――― 打者走者はセーフである。ボールを両腕と胸とで抱き止めている状態では、ボールを捕球している(手またはグラブでしっかり受け止め、かつ、それを確実につかんでいる)とは認められない。(5.09(a)(10)[注])

例題:チップしたボールが、最初に捕手のミットに触れてから身体に当たってはね返り、捕手はこれを地面に触れる前に、ミットを胸にかぶせるようにして捕らえた。

――― 正規の捕球である。(定義34、5.09(a)(2)[原注])

規則5.09(a)(2)[原注]には、次のように規定してある。

「“正規の捕球”ということは、まだ地面に触れていないボールが、捕手のミットの中に入っているという意味である。ボールが、捕手の着衣または用具に止まった場合は、正規の捕球ではない。また、球審に触れてはね返ったボールを捕えた場合も同様である。

チップしたボールが、最初に捕手の手またはミットに触れてから、身体または用具に当たってはね返ったのを、捕手が地上に落ちる前に捕球した場合、ストライクであり、第三ストライクにあたるときには、打者はアウトである。また、チップしたボールが、最初に捕手の手またはミットに当たっておれば、捕手が身体または用具に手またはミットをかぶせるように捕球することも許される。」

<第3版解説 故意落球 より>

ノーアウトまたはワンアウトで、走者一塁、一・二塁、一・三塁または満塁のとき、内野手がフェアの飛球またはライナーを故意に落とした場合、打者にはアウトが宣告され、ボールデッドとなって、走者の進塁は認められない。(509(a)(12))

容易に捕球できるはずの飛球またはライナーを、内野手が地面に触れる前に片手または両手で現実にボールに触れて、故意に落とした場合に、この規則が適用され、内野手が打球に触れないでこれを地上に落としたときには、打者はアウトにはならない。

また、投手、捕手および外野手が、内野で守備した場合は、内野手と同様に扱う。なお、あらかじめ外野に位置していた内野手は除かれる。

<第3版解説 インフィールドフライ>

ノーアウトまたはワンアウトで、走者が一・二塁、満塁のとき、打者が打った飛球(ライナーおよびバントを企てて飛球となったものを除く)で、内野手が普通の守備行為をすれば、捕球できるものをインフィールドフライといい、審判員によって“インフィールドフライ”と宣告された場合には、打者はアウトになる。この場合、投手、捕手および外野手が、内野で前記の飛球に対して守備したときは、内野手と同様に扱う。(定義40、5.09(a)(5))

1956年の条文では、「この項を適用するに当たっては、普通外野に位置していた外野手でも内野に位置していたならば、内野手と同様に扱う」となっていたが、1977年には「この場合、投手、捕手及び外野手が、内野で前記の飛球に対して守備したときは、内野手と同様に扱う」となっている。つまり、外野手がいわゆるインフィールドフライを捕球したときの扱いが1977年を境に違っている。したがって、前進してきた外野手が、内野手が捕れるはずであった飛球を内野で捕ったときもインフィールドフライが宣告される。

審判員は、打球が明らかにインフィールドフライになると判断した場合には、走者が次の行動を容易にとれるように、ただちに“インフィールドフライ”を宣告しなければならない。インフィールドフライは、審判員が宣告して初めて効力を発する。

また、打球がファウルラインの近くに上がった場合には“インフィールドフライ・イフ・フェア”を宣告する。たとえ、審判員の宣告があっても、打球がファウルボールとなれば、インフィールドフライとはならない。

インフィールドフライが宣告されてもボールインプレイであるから、走者は離塁しても進塁してもよいが、その飛球が捕らえられれば、リタッチの義務が生じ、これを果たさなかった場合には、普通のフライの場合と同様、アウトにされるおそれがある。

なお、インフィールドフライと宣告された飛球を内野手が故意落球したときは、5.09(a)(12)の規定にもかかわらずボールインプレイである。インフィールドフライの規則が優先する。

インフィールドフライと宣告された打球が、塁についている走者に触れた場合、その走者はアウトにならず、打者だけがアウトとなる。内野手に触れる前にインフィールドフライが塁についていた走者にフェアテリトリで触れた場合は、ボールデッドとなっていずれの走者も進塁できない。(5.09(b)(7)[例外][注5])

また、インフィールドフライと宣告された打球が、塁を離れている走者に触れたとき(ただし打球が内野手に触れていないこと、または通過していないことが条件)は、打者、走者ともにアウトになってボールデッドとなる(5.09(b)(7))。インフィールドフライと宣告された打球が、走者に触れた場合は、その走者が塁についていてもいなくても、ボールデッドとなる。(同[注5])

<第3版解説 スリーフットレーンの外側を走る

規則5.09(a)(11)は次のように規定している。「一塁に対する守備が行われているとき、本塁一塁間の後半を走るに際して、打者がスリーフットラインの外側(向かって右側)またはファウルラインの内側(向かって左側)を走って、一塁への送球を捕らえようとしている野手の動作を妨げたと審判員が認めた場合、打者はアウトとなる。」

そして、同[原注]では、「スリーフットレーンを示すラインはそのレーンの一部であり、打者走者は両足をスリーフットレーンの中もしくはスリーフットレーンのライン上に置かなければならない。」といっている。

したがって、一塁に対する守備が行われているとき、本塁一塁間の後半を走るに際しては、打者はスリーフットレーンの中を走らねばならず、ファウルラインの内側を走って捕手からの送球に当たったりして一塁手の守備を妨害すれば、打者走者は守備妨害でアウトになる。

打者走者は両足をスリーフットレーンの中もしくはスリーフットレーンのライン上に置かねばならないということは、たとえば打者走者の左足がファウルライン上

(または右足がスリーフットライン上)にある場合は問題ないが、打者走者の右足がファウルライン上(または左足がスリーフットライン上)にあるときに捕手からの送球に当たれば守備妨害でアウトになるということを意味する。

<5.09a 第3版解説 バットがフェア地域またはファウル地域に飛んだ場合

最近木製バットが折れてフェア地域またはファウル地域に飛んでいくケースが目立つ。ここで注意してほしいのは、バット全体がフェア地域に飛んでいった場合と折れたバットが飛んでいった場合とでは、どちらも危険性には変わりはないが、規則の適用が違うということである。

規則上は、バットの折れた部分がフェア地域に飛び、これに打球が当たったとき、またはバットの折れた部分が走者または野手に当たったときは、プレイはそのまま続けられ、妨害は宣告されない。打球がバットの折れた部分にファウル地域で当たったときは、ファウルボールである。

しかし、バット全体がフェア地域またはファウル地域に飛んでプレイを企てている野手(打球を処理しようとしている野手だけでなく、送球を受けようとしている野手も含む)を妨害したときには、故意であったか否かの区別なく、打者に妨害が宣告され、打者はアウトとなる。(5.09(a)(8)[原注])

<5.09a 第3版解説 内野手がボールの進路を故意に妨害した場合

打球が一塁線または三塁線に沿ってフェアテリトリを転がっているとき、野手が身を落としてボールに息を吹きかけたり、あるいは他の方法でボールをファウルテリトリに押し出したと審判員がみなせば、それはフェアボールとなり、ボールインプレイである。