14:守備妨害(三塁走者がファールの打球を狂わせた)

1、状況:

無死、走者三塁、0B-0S、打者が三塁線にゴロを打ったが(ファウルエリアを転がっている)三塁走者がその打球を足にあてさらにファウルエリアに転がした。

2、ポイント: 打球判定と三塁走者の動向を確認する。

ファウルボールを拾い上げたり、触れたこと自体は、ボールの進路を狂わせたことにはならなくても、もし触れなければフェアになっていたかもしれないと審判員が判断すれば、審判員は進路を狂わせた行為とみなす。

フェア地域に入って来そうな打球を打者または走者が、故意に打球の進路を狂わせた場合は、打者または走者はアウトを宣告される。打球がそのままファウル地域を進みそうな場合には、ファウルボールとなる。これらはいずれも審判員の判断による。

3、ジェスチャー:

① 三塁走者が故意に打球を狂わせたと判断 → 球審は前方に進み出て大きく『タイム』を宣告し、他の審判員も『タイム』を同調する。
② 球審は三塁走者を右手で指さし『インターフェアランス』 “That’s interference !”  続いて、『三塁走者、アウト』 “Third-Runner is out !”を宣告する。
③ 公式記録員に向かって右手人差し指を立ててストライクをカウントする。
④ 球審は続いて、頭上で『ボールカウント0B-1S』を表示する。

4、適用規則:走者の妨害【6.01a2】

打者または走者が、まだファウルと決まらないままファウル地域を動いている打球の進路を、どんな方法であろうとも、故意に狂わせた場合。(5.09a9参照)
インターフェアに対するペナルティ 走者はアウトとなり、ボールデッドとなる。

5、場内または伝令への説明

三塁走者がまだファウルと決まらないままファウル地域を転じている打球の進路を故意に狂わせたのでアウトとします。一死、走者無、0B-1Sで試合を再開します。

走者の妨害事例の整理(第2版解説 ファウルボールの進路を故意に狂わせた場合)