143:ノーアウト走者二塁。打者は三塁線にバントした。投手と三塁手が追って、ファウルにならないか見ていた。打球はラインの内側(フェアテリトリ)を転がり続け、三塁ベースに当たり、そしてベース上にいた二塁からの走者に触れた。措置は?

措置:


打球は技術的には野手を通過していないが、野手が守備する機会を持ちながらそれを選択しなかったので、そのままボールはインプレイである。走者はこの場合アウトにはならない。

次の場合を除き、故意ではなく打球に当たった走者はアウトとなる。

(1)ボールが内野手にすでに触れた場合

(2)ボールが内野手を通過(すなわち内野手の股間または守備しようとした内野手の側方を通過)し、かつ他の内野手が守備する機会がなかった場合

また、走者は、たとえボールが野手に触れて進路が変わったとしても、打球に対して守備しようとしている野手を避けねばならない。