500-23試合の進行:三塁に2人の走者が触れていた。野手はまず三塁の走者に触球した。三塁走者はアウトと思って塁を離れた。次に二塁走者にも触球した。この場合審判員は、どう処置したらよいか。

措置:この状態では、両走者ともアウトではない。塁を離れた三塁走者に再び触球すればアウトである。このような誤りがないように、審判員は、塁についている三塁走者に触球したと、”セーフ”とコールする。(5.06a(2)、審判上の取り決め事項ならびに注意すべき事項12関連)

Category: 500試合の進行