600-30反則行為:走者一塁、投手からのけん制球が悪送球となったが、後ろに位置していた一塁塁審に当たったため二塁に進塁することができなかった。攻撃側から塁審に当たらなければ当然二塁に行けたのだから、二塁を与えるべきだと主張してきた。どう処置したらよいか。

措置:送球が審判員に触れてもボールインプレイである。したがって走者はそのままである。(6.01f)

Category: 960反則行為