600-33反則行為:走者三塁のとき、投球を捕手が後逸、投球は球審に当たった。三塁走者は本塁を突いたがアウトとなった。攻撃側は、投球が球審に触れたからボールデッドで、走者生還ではないかと申し出た。どう処置したらよいか。

措置:投球が球審に当たっても、ボールインプレイであるから三塁走者はアウトである。(6.01f、前段)

Category: 960反則行為