6.02 投手の反則行為

a ボーク
b 反則投球
c 投手の禁止事項

(a)〈8.05〉ボーク

塁に走者がいるときは、次の場合ボークとなる。

(1) 投手板に触れている投手が、投球に関連する動作を起こしながら、投球を中止した場合。

【原注】左投げ、右投げ、いずれの投手でも、自由な足を振って投手板の後縁を越えたら、打者へ投球しなければならない。ただし、二塁走者のピックオフプレイのために二塁へ送球することは許される。

(2) 投手板に触れている投手が、一塁または三塁に送球するまねだけして、実際に送球しなかった場合。

【注】投手が投手板に触れているとき、走者のいる二塁へは、その塁の方向に直接ステップすれば偽役してもよいが、一塁または三塁と打者への偽投は許されない。投手が軸足を投手板の後方へ外せば、走者のいるどの塁へもステップしないで偽投してもよいが、打者にだけは許されない。

(3) 投手板に触れている投手が、塁に送球する前に、足を直接その塁の方向に踏み出さなかった場合。

【原注】投手板に触れている投手は、塁に送球する前には直接その塁の方向に自由な足を踏み出すことが要求されている。投手が実際に踏み出さないで、自由な足の向きを変えたり、ちょっと上にあげて回したり、または踏み出す前に身体の向きを変えて送球した場合、ボークである。投手は、塁に送球する前に塁の方向へ直接踏み出さなければならず、踏み出したら送球しなければならない(二塁については例外)走者一・三塁のとき、投手が走者を三塁に戻すために三塁へ踏み出したが実際に送球しなかったら(軸足は投手板に触れたまま)、ボークとなる。

(4) 投手板に触れている投手が、走者のいない塁へ送球したり、送球するまねをした場合。

ただし、プレイの必要があればさしつかえない。

【原注】投手が走者のいない塁へ送球したり、送球するまねをした場合、審判員は、それが必要なプレイかどうかを、走者がその塁に進もうとしたか、あるいはその意図が見られたかで判断する。

【問】走者一塁のとき、走者のいない二塁に送球したり、または送球するまねをしたらボークか。
【答】ボークである。しかし一塁走者が二塁に盗塁しようとしたのを防ぐ目的で、第1動作で二塁の方向に正しく自由な足を踏み出せば、ボークにならない。なお投手が投手板を正規に外せば、ステップをしないで送球してもかまわない。

(5) 投手が反則投球をした場合。

【原注】クィックピッチは反則投球である。打者が打者席内でまだ十分な構えをしていないときに投球された場合には、審判員は、その投球をクィックピッチと判定する。塁に走者がいればボークとなり、いなければボールである。クィックピッチは危険なので許してはならない。

(6) 投手が打者に正対しないうちに投球した場合。

(7) 投手が投手板に触れないで、投球に関連する動作をした場合。

【問】走者一塁のとき、投手が投手板をまたいだままストレッチを始めたがボールを落とした。ボークとなるか。
【答】投手が投手板に触れないで、投球に関連する動作を起こしているからボークとなる。

(8) 投手が不必要に試合を遅延させた場合。

【原注】本項は、6.02(c)(8)により警告が発せられたときは、適用されない。投手が遅延行為を繰り返して6.02(c)(8)により試合から除かれた場合には、あわせて本項のボークも課せられる。5.07(c)は、塁に走者がいないときだけ適用される。

(9) 投手がボールを持たないで、投手板に立つか、これをまたいで立つか、あるいは投手板を離れていて投球するまねをした場合。

(10) 投手が正規の投球姿勢をとった後、実際に投球するか、塁に送球する場合を除いて、ボールから一方の手を離した場合。

(11) 投手板に触れている投手が、故意であろうと偶然であろうと、ボールを落とした場合。

(12) 故意四球が企図されたときに、投手がキャッチャースボックスの外にいる捕手に投球した場合。

【注】〝キャッチャースボックスの外にいる捕手〟とは、捕手がキャッチャースボックス内に両足を入れていないことをいう。したがって、故意四球が企図されたときに限って、ボールが投手の手を離れないうちに捕手が片足でもボックスの外に出しておれば、本項が適用される。

(13) 投手がセットポジションから投球するに際して、完全に静止しないで投球した場合。

ペナルティ (a)項各規定によってボークが宣告されたときは、ボールデッドとなり、各走者は、アウトにされるおそれなく、1個の塁が与えられる。

ただし、ボークにもかかわらず、打者が安打、失策、四球、死球、その他で一塁に達し、かつ、他のすべての走者が少なくとも1個の塁を進んだときには、このペナルティの前段を適用しないで、プレイはボークと関係なく続けられる。

【規則説明1】投手がボークをして、しかも塁または本塁に悪送球(投球を含む)した場合、塁上の走者はボークによって与えられる塁よりもさらに余分の塁ヘアウトを賭して進塁してもよい。

【規則説明2】(a)項ペナルティを適用するに際して、走者が進塁しようとする最初の塁を空過し、アピールによってアウトを宣告されても、1個の塁を進んだものと解する。

【注】前掲〔規則説明1〕の〝悪送球〟には、投手の悪送球だけではなく、投手からの送球を止め損じた野手のミスプレイも含まれる。走者が、投手の悪送球または野手のミスプレイによって余塁が奪えそうな状態となり、ボークによって与えられる塁を越えて余分に進もうとしたときには、ボークと関係なくプレイは続けられる。

【6.02a原注】ボークルールの目的は、投手が走者を意図的に騙そうとするのを防ぐためであることを、審判員は心に銘記しなくてはならない。もし、審判員の判断で投手の〝意図〟に疑いを抱いたら、審判員は厳重に規則を適用すべきである。

(b)〈8.01d〉反則投球

塁に走者がいないときに、投手が反則投球をした場合には、その投球には、ボールが宣告される。ただし、打者が安打、失策、四球、死球、その他で一塁に達した場合は除く。

【原注】投球動作中に、投手の手からとび出したボールがファウルラインを越えたときだけボールと宣告されるが、その他の場合は、投球とみなされない。塁に走者がいれば、ボールが投手の手から落ちたときただちにボークとなる。

【注】球審は、反則投球に対してボールを宣告したならば、それが反則投球によるものであることを投手に指摘する

なお、6.02(c)(6)に違反した場合には、6.02(d)を適用する。

(c)〈8.02〉投手の禁止事項

投手は次のことを禁じられる。

(1) 投手が投手板を囲む18㌳の円い場所の中で、投球する手を口または唇につけた後にボールに触れるか、投手板に触れているときに投球する手を口または唇につけること。

投手は、ボールまたは投手板に触れる前に、投球する手の指をきれいに拭かなければならない。

【例外】天候が寒い日の試合開始前に、両チーム監督の同意があれば、審判員は、投手が手に息を吹きかけることを認めることができる。

ペナルティ 投手が本項に違反した場合には、球審はただちにボールを交換させ、投手に警告を発する。投手がさらに違反した場合には、ボールを宣告する。その宣告にもかかわらず、投手が投球して、打者が安打、失策、死球、その他で一塁に達し、かつ走者が次塁に達するか、または元の塁にとどまっていた(次塁に達するまでにアウトにならなかった)ときには、本項の違反とは関係なくプレイは続けられる。なお、違反を繰り返した投手は、リーグ会長から罰金が科せられる。

(2) ボール、投球する手またはグラブに唾液をつけること。

(3) ボールをグラブ、身体、着衣で摩擦すること。

(4) ボールに異物をつけること。

(5) どんな方法であっても、ボールに傷をつけること。

(6) (2)~(5)項で規定されている方法で傷つけたボール、いわゆるシャインボール、スピットボール、マッドボール、あるいはエメリーボールを投球すること。

ただし、投手は素手でボールを摩擦することは許される。

【注】シャインボール — ボールを摩擦してすべすべにしたもの。

スピットボール — ポールに唾液を塗ったもの。

マッドボール — ボールに泥をなすりつけたもの。

エメリーボール — ボールをサンドペーパーでザラザラにしたもの。

なお、ボールに息を吹きかけることも禁じられている。

(7)〈8.02b〉投手がいかなる異物でも、身体につけたり、所持すること。

【原注】投手は、いずれの手、指または手首に何もつけてはならない(たとえば救急ばんそうこう、テープ、瞬間接着剤、ブレスレットなど)。審判員が異物と判断するかしないか、いずれの場合も、手、指または手首に何かをつけて投球することを許してはならない。

【注】我が国では、本項〔原注〕については、所属する団体の規定に従う。

(8)〈8.02c〉打者がバッタースボックスにいるときに、捕手以外の野手に送球して、故意に試合を遅延させること。ただし、走者をアウトにしょうと企てる場合は除く。

ペナルティ 審判員は1度警告を発し、しかもなお、このような遅延行為が繰り返されたときには、その投手を試合から除く。

【注1】投手が捕手のサインを投手板から離れて受けるので、しばしば試合を遅延させている。これは悪い習慣であるから、監督およびコーチはこれを是正するように努めなければならない。

【注2】アマチュア野球では、本項ペナルティの後段を適用せず、このような遅延行為が繰り返されたときは、ボールを宣告する。

(9)〈8.02d〉打者を狙って投球すること。このような反則行為が起きたと審判員が判断したときには、審判員は次のうちのいずれかを選ぶことができる。

(A) その投手またはその投手とそのチームの監督とを試合から除く。

(B) その投手と両チームの監督に、再びこのような投球が行われたら、その投手(またはその投手の後に出場した投手)と監督を退場させる旨の警告を発する。

審判員は、反則行為が起きそうな状況であると判断したときには、試合開始前、あるいは試合中を問わず、いつでも両チームに警告を発することができる。

リーグ会長は、8.04に規定された権限によって、制裁を加えることができる。

【原注】チームのメンバーは、本項によって発せられた警告に対し抗議したり、不満を述べたりするためにグラウンドに出てくることはできない。もし監督、コーチまたはプレーヤーが抗議のためにダッグアウトまたは自分の場所を離れれば、警告が発せられる。警告にもかかわらず本塁に近づけば、試合から除かれる。

打者を狙って投球することは、非スポーツマン的である。特に頭を狙って投球することは、非常に危険であり、この行為は許されるべきではない。審判員はちゅうちょなく、本項を厳格に適用しなければならない。

(d) ペナルティ 投手が(c)項(2)~(7)に違反した場合、球審は次のような処置をしなければならない。

(1) 投手はただちに試合から除かれ、自動的に出場停止となる。マイナーリーグでは、自動的に10試合の出場停止となる。

(2) 球審が違反を宣告したにもかかわらずプレイが続けられたときには、攻撃側の監督は、そのプレイが終わってからただちにそのプレイを生かす旨、球審に通告することができる。ただし、打者が安打、失策、四球、死球、その他で一塁に達し、しかも他の全走者が次塁に達するか、元の塁にとどまっていた(次塁に達するまでにアウトにならなかった)ときには、反則とは関係なくプレイは続けられる。

(3) (2)項の場合でも、投手の反則行為は消滅せず、(1)項のペナルティは適用される。

(4) 攻撃側の監督がそのプレイを生かすことを選択しなかった場合は、球審は走者がいなければボールを宣告し、走者がいればボークとなる。

(5) 投手が各項に違反したかどうかについては、審判員が唯一の決定者である。

【6.02d原注1】投手が(c)項(2)または(3)に違反しても、その投球を変化させる意図はなかったと球審が判断した場合は、本項のペナルティを適用せずに警告を発することができる。しかし、投手が違反を繰り返せば、球審はその投手にペナルティを科さなければならない。

【6.02d原注2】ロジンバッグにボールが触れたときは、どんなときでも、ボールインプレイである。

雨天の場合または競技場が湿っている場合には、審判員は投手にロジンバッグを腰のポケットに入れるよう指示する。(1個のロジンバッグを交互に使用させる)

投手はこのロジンバッグを用いて、素手にロジンをつけることを許されるが、投手、野手を問わず、プレーヤーは、ロジンバッグで、ボールまたはゲラブにロジンをふりかけたり、またはユニフォームのどの部分にも、これをふりかけることは許されない。

【注】アマチュア野球では、本項のペナルティを適用せず、1度警告を発した後、なおこのような行為が継続されたときには、その投手を試合から除く。

6.02a 3版解説 偽投について 2016変更

塁に走者がいる場合、投手は二塁への偽投は許されるが、一塁および三塁への偽投は許されない。なぜ一塁への偽投が許されないのかというと、偽投が制限なく行われると野球の醍醐味の一つである盗塁ができなくなってしまうからである。

また、2013年度からオフィシャルベースボールルールズにおいて三塁への偽投が禁止された(わが国では2014年度から)のは、多分に無駄なプレイをなくすというスピードアップの観点およびボークと疑わしきプレイを明確に禁止する観点からと思われる。

偽投とは、「投手板に触れている投手が塁に送球するまねをして実際には送球しないこと」なのか、または、「投手板をはずして送球するまねをすること」も偽投とするのか?

規則6.02(a)(2)[注]では、投手板をはずしたときにも“偽投”という言葉を使っている。投手板に触れているときだけを偽投と定義するのであれば、[注]の言葉を変える必要があるのではないか、という疑問が出た。

そこで、アマチュア野球規則委員会では、次のように定義した。

偽投とは、投手板に触れている投手が塁に送球するまねをして実際には送球しないことも偽投、投手板をはずして送球のまねをすることも偽投である。ただし、規則に抵触してボークを宣告されるのは、投手板に触れた状態で行なう一塁または三塁への偽投である。”

このようなことから、現行の規則6.02(a)(2)[注]の文言の変更はしないこととした。

また、アマチュア野球では、偽投の完了(省略)には、自由な足を塁の方向にステップし、両手を離して腕を振ることを要求していた。しかし、三塁への偽投も禁止された今、我が国のプロ野球も含めた世界標準の解釈と同様に、投手が自由な足を塁の方向にステップしただけでも偽投であり、両手を離したり、腕を振ったりする必要はないこととした。

投手が、投手板上から投げ手にボールを持たない腕を振って投げるまねをすることは、遅延行為とみなし、ボークが宣告される。(6.02(a)(8))

6.02a 3版解説 偽投に引き続きけん制 より>

たとえば走者二塁で、投手は二塁へ偽投したところ、走者が三塁へ走ったのを見て、投手は投手板を踏んだまま三塁に送球した。これは、規則6.02(a)(4)の但し書きの「必要なプレイ」に該当するので問題ない。

次に、走者二・三塁で、投手が二塁へ偽投をしたところ、三塁走者が大きくリードをとったのを見て投手板を踏んだまま三塁へ送球した。これは許されるか。このプレイのように、二塁に偽投をし、引き続き他の塁にプレイ(送球)する場合は投手板をはずさねばならない。投手板をはずさないで送球すればボークとなる。複数走者が塁にいる場合は、投手板を踏んだまま連続して他の塁にプレイをすることはできない。投手板をはずさないといけない。

6.02a 3版解説 走者二塁のときの三塁への送球 より>

2014年度の規則改正で三塁への偽投が禁止された。規則6.02(a)(2)は、「投手板に触れている投手が、一塁または三塁に送球するまねだけして、実際に送球しなかった場合」、ボークとなると改められた。また、同[注]では、「投手が軸足を投手板の後方にはずせば、走者のいるどの塁へもステップしないで偽投してもよいが、打者にだけは許されない。」と規定している。

さらに、規則6.02(a)(4)では、投手板に触れている投手が、走者のいない塁に送球したり、送球するまねをすれば、ボークであるが、プレイの必要があればボークではないと規定している。

では、ここで、「送球するまね(偽投」)」とはどういうことか、および「必要なプレイ」とはどういう場合かを見てみる。

まず、偽投とは、上記の規則から、投手が投手板に触れている、触れていないにかかわらず、塁へ送球するまねだけして実際に送球しなかった投手の行為を言っている。

三塁への偽投禁止とは、投球当時三塁に走者がいるときに投手が投手板を踏んだまま三塁に送球するまねをした場合(6.02(a)(2))、および投球当時三塁に走者がいなくて、投手が投手板を踏んだまま三塁に送球するまね(送球を止めた場合を含む)をした場合(6.02(a)(4))はボークとなるということである。三塁に送球すれば問題ない。ただし、走者が三塁にいなくても必要なプレイと判断された場合には、6.02(a)(4)[原注]により三塁に送球することは認められる。

では「必要なプレイ」とはどういう場合を言うのであろうか。2015年度の規則改正で、6.02(a)(4)[原注]に、つぎの規定が追加された。

「投手が走者のいない塁へ送球したり、送球するまねをした場合、審判員は、それが必要なプレイかどうかを、走者がその塁に進もうとしたか、あるいはその意図が見られたかどうかで判断する。」

この追加条文に見られるように、「必要なプレイ」とは、走者の行為によって審判員が判断するということである。そして、走者が次の塁に進もうとしたか、あるいはその意図が見られたかが審判員の判断基準となると言っている。

次の塁にまで走ってしまえば判断に迷うことはないが、たとえば途中で走るのを止めた、途中から戻ったというときにどう判断するか、審判員として一つの目安となるのが、走者が塁間の半分を越えていたかどうかである。越えていれば途中で走るのを止めても次の塁に進もうとしていた、あるいはその意図が見られたと判断してよい。したがって、スタートを切っただけというのは、必要なプレイには該当しない。

ここで注意してほしいのは、必要なプレイであれば三塁に偽投または送球するのを止めてもよいのかという点だが、6.02(a)(2)により三塁の場合は、いずれの場合も投手板上から偽投または送球するのを止めることはできない。一塁の考え方と全く同じである。6.02(a)(4)により、投手板上からプレイの必要があっても送球するまねができるのは、二塁だけとなる。

以上のとおり、走者に進塁行為があれば、投手が二塁へ偽投した後、投手板を踏んだまま三塁へ送球することは、必要なプレイとして合法である。これにはランダウンになった場合も含まれる。また、途中で二塁へ戻った場合も含まれる。「進塁行為」があって「途中で戻った」というのは、一に審判員の判断である。

なお、関連して、走者がいるとき、投手が投手板から軸足をはずして、走者のいない塁に送球または送球するまねをした場合、投手の遅延行為とみなしてボークとなることにも注意が必要である。(アマチュア内規⑪)

具体的な事例で整理すると次のようになる。

また、走者が二・三塁のとき、投手が二塁へ偽投した後に、軸足が投手板に触れたまま三塁へ送球するケースについては、従来と解釈は変わっていない。つまり、投手が二塁へ直接ステップして両手を離して投げるまねをしたが、実際には送球しなかった場合、引き続き三塁へ送球する、または送球するまねをする場合は、投手は軸足を投手板から正しく外さなければならない。理由は、二塁への偽投に引き続いて三塁にプレイをする場合は、先の「偽投」のプレイを一区切りしなければならないということである。

なお、二塁ヘステップして腕を振った勢いで軸足が投手板から外れた場合も、従来の解釈は変わっていない。つまり、この場合、投手は内野手になるから、三塁に送球しても、偽投しても、ステップせずに投げても構わない。何ら制限はない。

6.02a 3版解説 塁に踏み出す より>

投手板に触れている投手は、塁に送球するときは、その塁の方向に直接踏み出さねばならない。もし直接踏み出さずに、自由な足の向きを変えたり、回しただけの場合は、ボークとなる。

塁に踏み出すとき、投手は、自由な足全体を地面から離し、最初においていた場所とは違うところへ、しかも塁の方向におろさねばならない。自由な足全体が塁の方向ならびに距離をもって動かねばならない。投手は、自由な足をもち上げて、その同じ場所におろすことは許されない。踏み出したとき、投手の自由な足のかかとが同じ場所についてはいけない。それはステップとはみなされない。(6.02(a)(3))

Ⅶ投手に関する規則13ボークの項の“ボークに関する規則”(d)から(f)参照。

6.02a 3版解説 走者のいない塁に送球する より>

投手板に触れている投手が、プレイの必要があった場合を除き、走者のいない塁に送球すれば、ボークとなる。(6.02(a)(4))

例題:

(1) 走者一・二塁、投手はセットポジション。走者が三塁に走ったので、投手は三塁に送球した。

―――正規のプレイである。

(2) 走者一・二塁、投手はセットポジション。走者が三塁に走る素振りをしたので投手は三塁に送球した。しかし、走者は走らなかった。

―――ボークである。(規則6.02(a)(4))

この二つのプレイを理解する鍵は、走者が実際に三塁に進塁しようとしていたか、あるいは単なるブラフだったかを見極める審判員の判断力である。このプレイは通常カウント3ボール2ストライク、ツーアウトのケースでよく起こる。

規則6.02(a)(4)とアピールプレイ。投手板に触れている投手が、アピールするためであれば、走者のいない塁に送球してもボークではない。(投手はアピールプレイのために投手板をはずす必要はない。)

<6.02a 第3版解説 本塁への送球 より>

走者三塁、三塁走者が本塁へ走ったのを見て、投手は投手板を踏んだまま本塁に“送球”した。これは必要なプレイとして許されるのか、それともボークか。

―――まず、投手板上からの偽投は一塁、三塁および本塁には許されないことを銘記すべきである。また、投手が投手板を踏んで本塁に“送球する”こともあり得ない。したがって、本塁に“送球する”には、投手板をはずさねばならない。投手が投手板を踏んだまま本塁に投げることは投球にあたり、その際正しい投球動作で投球されなければボークとなることは言うまでもない。(6.02(a)(2))

6.02a 3版解説 投手の“山なりのけん制球”について より>

走者がリードしていないのに、投手が打者のタイミングをはずそうとして塁に送球するのは、けん制球とはみなしがたく、投手の遅延行為としてボークを宣告する。(6.02(a)(8))

6.02a 第3版解説 ボーク より>

ボークは、投手を指差しながら、声で“ザッツ・ア・ボーク!”とコールする(球審の場合は声だけ)。しかし、ボークがコールされても自動的にボールデッドにはならない。ボークのコールの後、審判員が“タイム”をかけたときにボールはデッドとなり、“タイム”のコールはプレイが止まったとき(すなわち、打者走者を含むすべての走者が進塁しないことが明白なとき)にかけられる。“ボーク”のコールの後、“タイム”をかける個別のケースについては後記16.参照。 

ボークに関する規則:

(a) 投手板に触れている投手が、明らかに一塁走者をアウトにする意図が見られずに、一塁ベースの前方または後方に位置する一塁手に送球すれば、ボークとなる。しかし、この場合、一塁ベースに直接送球すればボークとはならない。

(b) 投手が二塁ベースに牽制球を投げようとしたが、いずれの野手もベースカバーに入らないのを見て、ベースの近くにもいない、また走者をアウトにしようとする行為も見られない、遊撃手または二塁手に送球した場合には、投手の遅延行為でボークとなる。(アマチュア内規⑪)(参考:MLBアンパイアマニュアルでは、この場合もボークにはならないとされている。)

*アマチュア内規⑪ 投手の遅嬉行為

走者が塁にいるとき、投手が投手板から軸足をはずして、走者のいない塁に送球した(送球するマネも含む)場合、または、投手板上からでも軸足を投手板からはずしても、塁に入ろうとしていない野手に送球した場合には、投手の遅延行為とみなす。(6.02(c)(8)、6.02(a)(4)、6.02(a)(8))

(c) 投手が自由な足を振って投手板の後縁を越えれば、二塁ベースヘの牽制(または偽投)を除いて、打者に投球しないとボークになる。(6.02(a)(1))

以下(d)から(f)はステップに関するボークである。

(d) 投手板に触れている投手は、塁に送球する前に足を直接その塁の方向に踏み出さなければならない(6.02(a)(3))。もし投手が自由な足を、実際にステップせずに、回しただけであったり、あるいはステップする前に身体を回転させて送球すれば、それはボークである。(同[原注])

注:投手は塁へ偽投するとき塁の方向に直接踏み出さねばならない。

(e) 監督はボークの理由をたずねるために出てくることは許される。もし監督が説明を受けた後に抗議をすれば退場となることがある。

(f) 投手は塁に送球または偽投する前にその塁の方向に直接踏み出さねばならない。

(g) セットポジションをとったとき、投手は自由な足を地面につけた状態で完全静止をしなければならない。(5.07(a)(2))

(h) 投手板に触れている投手が、偶然であると否とを問わず、ボールを落とした場合はボークとなる。(6.02(a)(11))

(i) ワインドアップポジションから投げるとき、投手が自由な足を先に投手板からはずせばボークとなる。(それは投球動作の開始とみなされる。)(同(1))

(j) 投手が走者を騙す意図でロジンバッグをグラブの中に入れたと審判員が判断した場合、ボークとなる。

(k) 正規の投球姿勢(ワインドアップまたはセットポジション)に入る前に投手がグラブの中で瞬間的にボールを調整することは許される。この動きは、瞬間的で自然な動作でなければならない。もし投手がセットポジションに入った、またはワインドアップポジションを開始したと審判員が判断するのに十分なほど長く両手を合わせ、その後、離したら、それはボークとなる。(同(10))

(ℓ) 正規の投球姿勢(ワインドアップまたはセットポジション)に入った後、投手が実際に投球するときまたは塁に送球するときを除いて、ボールから片方の手を離せば、それはボークとなる。(同(10))

(m) 走者が本盗しているとき捕手が打者を妨害すれば、ボークのペナルティが付加され、盗塁行為があったかどうかに関係なく、塁上のすべての走者は1個の塁を進塁できる。(6.01(g))

(n) 例題:走者三塁。投手が投手板を踏んでワインドアップで投球動作を開始し、両腕を頭上に持ってきたところ、三塁走者が本塁に向かって走ったので、投手は慌てて軸足を投手板の後方にはずし、または投手板の前方にはずし、本塁に投げた。これは正当なプレイか。投球とすれば打者は打つことができるのか。あるいは送球とすればもし打者がこのボールを打てば妨害になるのか。

―――投手は投球動作を起こしながら、それを中断した場合、たとえ投手が軸足を投手板から前方または後方にはずしても、投球を中断した時点で即ボークとなり、ボールデッドとなって、以後のプレイはすべて無効にする。したがって、例題のケースは、ボークで三塁走者は本塁が与えられる。投球動作を中断した時点で即ボークでボールデッドになっているので、打者が打つことが出来ないのはもちろん、本塁への送球、および仮にそれが悪送球になったとしても、それらボールデッド後のプレイはすべて無効となる。(6.02(a)(1))

6.02a 第3版解説 ボークの罰則 より>

規則6.02(a)のボークに対する罰則は次のとおり(同ペナルティ)。ボールデッド(ただしプレイが止まったとき)となり、各走者はアウトにされるおそれがなく1個の塁を進塁することができる。ただし、ボークにもかかわらず、打者が安打、失策、四球、死球、その他で一塁に達し、かつ、他のすべての走者が少なくとも1個の塁を進んだときには、プレイはボークと関係なく続けられる。

もし打者走者および他のすべての走者が進塁できなかった場合は、ボークが適用され、ボークの投球はノーカウントで打者打ち直しとなり、走者はボークで1個の塁を進む。

進塁権を得て一塁を空過し、アピールでアウトを宣告された走者は、このルールの適用に当たっては、1個の塁を進んでいたものとみなされる。(同[規則説明2])

四球目の投球がボークとなった場合は、打者がボークの球を打って、安打または失策で一塁に生きた場合と同様の取扱いとなる。ただし、すべての走者が、そのプレイで、少なくとも1個進むことが条件である。したがって、走者一塁、一・二塁、または満塁で、四球目の投球がボークとなった場合、打者は一塁に行き、各走者は少なくとも1個塁を進む。もし走者が1個の塁以上に進もうとすれば、それは自分の危険を冒して行うものである。

しかし、一塁ベースが空いていて、他のすべての走者が少なくとも1個の塁を進むことにならなかった場合は、ボークの規則が適用される。ボールデッドとなって、打者は同じカウントで打ち直しとなり、すべての走者はボークで1個の塁を進むことができる。

ボークの球が塁または本塁への悪送球となった場合、走者は自分のリスクで与えられた塁を越えて進むことができる。

2012年の規則改正で、6.02(a)(旧8.05)ペナルティ[注1]を削除した。

[注1]投手の投球がボークとなり、それが四死球にあたった場合、走者一塁、一・二塁または満塁のときには、そのままプレイを続けるが、走者が二塁だけ、三塁だけ、または二・三塁、一・三塁のときには、ペナルティの前段を適用する。

その理由は、同[注1]の後段に、「走者が二塁だけ、三塁だけ、または二・三塁、一・三塁のときには、ペナルティの前段を適用する。」との文章がある。つまり、ボーク後の投球が四球または死球にあたった場合、打者が一塁に行くことによってすべての塁上の走者が押し出されないような場合は、ボークが適用されるということを親切に説明をしたものである。しかしながら、同ペナルティのただし以下の条文の「その他」について、現在は「原則何でもよい」との解釈に変わってきていることから、たとえば、走者二塁でも、四球目の投球がボークとなって、そのボールを捕手が後逸し、打者と走者が1個進んだような場合、あるいはボーク後の投球が暴投または捕逸で三振振り逃げが成立し、走者も1個進んだ場合や、さらに同じケースで捕手が一塁に悪送球して打者も一塁に達し、走者も1個進んだような場合は、ペナルティの規定により、ボークと関係なく、プレイは続けられることになる。[注1]があることで、走者二塁等の場合は、字面でボークが適用されると誤解が生じかねないことから思い切って[注1]を削除したものである。

例題:ワンアウト走者一・二塁。ボールカウントは3ボール2ストライク。投手はセットポジションで完全静止を怠り、ボークを宣告されたがそのまま投球した。その投球が打者の膝に当たりバックネット方向に転々とした。二人の走者はフルカウントだったのでそれぞれスタートしており、二塁走者は三塁を回って本塁を踏んだ。

一塁走者は三塁へ進んだ。この場合の二塁走者の得点は認められるか。

―――得点は認められない。なぜなら投球が打者の身体に当たった時点でボールデッドとなり、ワンアウト走者満塁で試合再開となる。打者は一塁へ、一塁走者、二塁走者とも押し出されて1個進むので、6.02(a)ペナルティにより、プレイはボークと関係なく続けられる。また、死球以外で、たとえば四球目の投球がワイルドピッチになって上記のように転々とした場合もプレイはボークと関係なく続けられ、一塁走者の三塁、二塁走者の得点は認められることになる。

このように四球と死球の場合とで対応が変わってくる場合があるので、従来の「四死球」という表記を、四球と死球にできるだけ分けて表示することとした。

 

6.02a 第3版解説 「その他」の解釈 より>

規則書には、あちこちに「その他」が出てくる。たとえば、この「その他」には打撃妨害は含むのかとか、含まないのかとかいった議論が長年規則委員会でなされてきた。しかし、現在は「その他」は何でもよいとの考え方をとっている。

規則6.02(a)ペナルティ後段の「その他」は原則何でもよいとの考え方から、それには暴投または捕逸+三振振り逃げ、暴投または捕逸+三振振り逃げ+捕手の悪送球も含まれる。

例題1:走者二塁、ボールカウント2ストライク。次の投球のとき審判員がボークを宣告したが、投手はかまわず投球した。打者はこれを空振りした(振り逃げのケ一ス)が、捕手が後逸したので、二塁走者は三塁へ、打者は一塁に達した。

例題2:上記のケースで、打者が空振りした投球を捕手が横にはじいた。打者が一塁に走り出したところ(振り逃げのケース)、これをアウトにしようとした捕手の送球が悪送球となり、二塁走者は三塁へ、打者は一塁に達した。

―――上記いずれも、ボークにもかかわらず、打者が一塁に達し、二塁走者も1個の塁を進んだので、6.02(a)ペナルティの後段を適用し、プレイはボークと関係なく続けられる。

6.02a 第3版解説 ボークの後の“タイム” より (ボークのあと、どこでプレイを止めるのか >

打者とすべての走者がボーク後の投球で(たとえば実際の投球を打者が打った結果)1個の塁を進めば、ボークと関係なくプレイは続けられる。審判員はボークの後プレイが止まるまで“タイム”をかけてはいけない。問題はどの時点で“タイム”をかけるかである。次のケースが、プレイが“止まった”と思われるときおよび“タイム”をかけるときの参考となる。(6.02(a)ペナルティ)

(1) 投手がボークをして、投げなかった。そのときは、“ザッツ・ア・ボーク”“タイム”、そしてボークを適用する。

(2) ボークのボールが打たれた場合は、打者とすべての走者の進塁は明らかにないと思われるまでプレイは続けられる。その後、“タイム”がかけられ、ボークが適用となる。しかし、打者が一塁に達し、すべての走者が少なくとも1個の塁を進んだ場合は、プレイはボークと関係なく続けられる。

例題:

(a) ボークの球が打たれ、それが飛球となって捕らえられた場合は、飛球が捕らえられた時点で“タイム”となる。そしてボークが適用となる。

(b) ボークの球が打たれ、それがゴロとなって前の走者が(ボークで進んだであろう)塁でアウトになった場合、アウトの時点で“タイム”となる。そしてボークが適用となる。

(3) ボークの投球を捕手が捕球した場合、捕手が捕球したとき“タイム”となる。そしてボークが適用となる。(例外:四球の場合下記(5))

(4) 塁へのけん制がボークとなった場合、野手が捕球したとき“タイム”となる。そしてボークが適用となる。

(5) 投球がボークとなってそれが四球になった場合、四球ですべての走者が1個の塁を進まないかぎり、“タイム”となる。すべての走者が1個の塁を進んだ場合はボークと関係なくプレイは続けられる。

(6) 投球がボークとなってそれが死球となった場合、死球ですべての走者が押し出されて1個の塁を進まないかぎり、打者に当たった時点で“タイム”となる。このとき球審はボークを宣告し、打者は打ち直しとなる(“当たり損”)。すべての走者が1個の塁を進んだ場合は、ボークと関係なくプレイは続けられる。

(7) 塁への牽制がボークとなって、それが悪送球となった場合、走者は自分のリスクでボークで与えられた塁以上に進むことができる(6.02(a)[規則説明1])。

この場合、通常どおりの方法でボークをコールするが、審判員は、すべてのプレイが止まる(走者が進塁をストップし、かつ野手が内野でボールを保持した状態)まで“タイム”をかけてはいけない。

例題:走者一塁、一塁へのけん制の送球がボークとなり、それが悪送球となった。ファウルグラウンドを転々とし、そのボールを拾った一塁手または他の野手が二塁に送球。一塁走者はスタートが遅れていたため、一・二塁間でランダウンプレイになってしまった。以下いずれの処置が正しいか。

① 悪送球を野手が拾った時点で一塁走者が二塁に到達していなければタイムをかけ、ボークを適用して一塁走者を二塁へ進塁させる。

② 一・二塁間でランダウンが始まったら即タイムをかけボークを適用し一塁走者を二塁へ進める(走者は動いていても内野手がボールを保持したから)。与えられた塁以上に走者が進んでランダウンになったときはボークと関係なくプレイを続けさせる。

③ ボールは内野に戻っても、一塁走者は動いている(ランダウン中)ので走者が進塁をストップしているとの条件にはあてはまらない。したがって、プレイを続けさせて、二塁に到達する前に走者がアウトになれば、タイムをかけ、ボークを適用して二塁へ進塁させるが、ランダウンプレイ中に守備側のエラーが発生する可能性もあり、ボークで与えられる塁以上に進塁できる可能性もあるため、すべてのプレイが止まるまでプレイを続けさせる。与えられた塁以上のところでタッグされればアウト、セーフになればセーフとなる。

―――③が正しい処置である。

(8) ボークの球が暴投になった場合、走者は自分のリスクでボークで与えられた塁以上に進むことができる(6.02(a)[規則説明1])。この場合、通常どおりの方法でボークをコールするが、審判員はすべてのプレイが止まる(走者が進塁をストップし、かつ野手が内野でボールを保持すること)まで、“タイム”をかけてはいけない。

ボークの後の暴投で走者が与えられた塁以上に進んでも、ボークは依然有効である。つまり、投球は無効となり、次の場合を除き、ボークが発生したときのカウントで打者は打ち直す。

(a) 暴投が四球に当たり、それですべての走者が一個の塁を進んだとき。このとき球審はボークの宣告に続き、“ボール”をコールする。

(b) 暴投が第3ストライクに当たり、それで打者およびすべての他の走者が1個の塁を進んだとき。このとき球審はボークの宣告に続き、“ストライク”をコールする。

上記(a)および(b)の場合、打者走者を含むすべての走者がボークの後の投球で1個の塁を進んだことから、プレイはボークと関係なく続けられる。

(9) ボーク後の投球または送球を捕手または野手が前にこぼした、あるいははじいたがすぐ拾った場合、どの時点でタイムをかけるのか。

野手が前にこぼしてすぐ拾った、あるいははじいたがすぐ拾ったような場合、「捕球」と同じ扱いにして、拾った時点でタイムにしてはどうかという意見もあるが、一方では「すぐ」とはどこまでか定義することは難しいし、また「捕球」されていない限り、走者は、自分のリスクでアウトを賭して余塁を奪うことも可能だから、その可能性が残されている限りプレイは続けるべきだとの意見もある。

結局、プロ・アマ合同規則委員会では、「ボーク後の投球または送球が、野手によって第一動作で捕球されない限りインプレイの状態を続け、すべてのプレイが止まった時点または走者が余塁を奪いそうにないと審判員が判断した時点で、審判員はタイムをかけてプレイを止めボーク後の処置をとる。ただし、野手がボールをすぐ拾い上げ、かつ走者に全く進塁の動作が見られないと審判員が判断したとき、および単独走者三塁でランダウンプレイになったときは、その時点でタイムをかけプレイを止める。」との結論を出した。

(10) 走者一・三塁で、投手が三塁へ偽投して投げずに、そのまま振り向いて一塁へ送球し、それが悪送球となってボールデッドの個所に入ってしまった。さて、どこで、プレイを止めるのか。

―――三塁への偽投はボークとなり、その時点で“タイム”でプレイを止める。

6.02a 第3版解説 捕手が本塁の前方に出る より>

三塁走者が、スクイズプレイまたは盗塁によって得点しようと試みた場合、捕手またはその他の野手がボールを持たないで、本塁の上またはその前方に出るか、あるいは打者または打者のバットに触れたときには、投手にボークを課して、打者はインターフェアによって一塁が与えられる。この際はボールデッドとなる。(6.01(g))

捕手がボールを持たないで本塁の上またはその前方に出た場合には、打者がバッタースボックス内にいたかどうか、あるいは打とうとしたかどうかには関係なく、捕手のインターフェアとなる。(同[注1])

すべての走者は、盗塁行為の有無に関係なく、ボークによって1個の塁が与えられる。(同[注2])

本条は、投手の投球が正規、不正規にかかわらず適用される(同[注3])。2008年度までは、「本条は投手の正規の投球に基づいたときだけに適用される。しかし、投手の投球が正規の投球でなかったときは、投手にボークが課せられるだけで、打者には一塁が与えられない。」となっていた。しかしながら、正規の投球のときには打者には打撃妨害で一塁が与えられるが、不正規の投球のときには、打者は打とうと思えば打てる状態なのに、打撃妨害が認められずに、一塁が与えられないというのは不合理だとの理由から、2009年に「不正規の投球も含む」と改正になった。

(打者の背後にウェストボールを投げる行為)

投手がスクイズを防ぐ目的で、意識的に打者の背後に投球したり、捕手が意識的に打者の背後に飛び出したところへ投球したりするような非スポーツマン的な行為に対しても規則6.01(g)を適用する。走者に本塁を与え、打者は打撃妨害で一塁へ進ませる。(アマチュア内規⑨)

6.02c 第3版解説 投手が手を口に当てる より>

投手が、投手板を囲む18フィートの円い場所の中で、投球する手を口または唇につけた後、ボールに触れたり、または投手板に触れているときに投球する手を口または唇につけることは禁止されている。(6.02(c)(1))

2014年度の規則改正で、規則6.02(c)(1)のペナルティの1行目は、「投手が本項に違反した場合には、球審はただちにボールを交換させ、投手に警告を発する。投手がさらに違反した場合には、ボールを宣告する。……」と変更になった。

なお、アマチュア野球では、規則6.02(c)(1)のペナルティに代えて、審判員はその都度警告してボールを交換させる。(アマチュア内規⑫、高校野球特別規則1720)

したがって、投手は、18フィートの円い場所の中、外を問わず、投球する手を口または唇につけた場合、ボールに触れる前あるいは投手板を踏む前に、きれいに拭き取らねばならない。

寒い天候の場合、審判員は、両チームの監督に通知して、投手が手に息を吹きかけるために、投球する手をロまたは唇につけることを認めてもよい。

投手は、投球する手を口または唇につけずに、いつでも息を吹きかけることはできる。ただし、唾を手につけることは許されない。(6.02(c)(2))

6.02c 第3版解説 ボールに異物を付ける;ボールを傷つける より>

規則6.02(c)(2)~(6)で、いかなる方法であれ投手がボールを傷つけることならびにボールに異物を付けることを禁止している。アマチュア野球では、審判員がこれを見つけたら、そのボールを交換し、警告を発し、なおこのような行為が継続されたときには、その投手を試合から除く。(6.02(d)ペナルティ[注])

投手は、いかなる異物も身体につけたり、保持してはいけない。(6.02(c)(7))

本項に違反した場合、アマチュア野球では、一度警告を発し、なおこのような行為が継続されたときには、その投手を試合から除く。(6.02(c)(7)[注])

審判員は、投球の前後において、異物またはボールの傷を見つける責任を持つ。もし、審判員がボールに異物が付いていることを見つけた場合、またはその疑いを持った場合、あるいは何らかの方法で傷つけられていることを見つけた場合、またはその疑いを持った場合、審判員は投手(または捕手)にそのボールを審判員に返すよう要請する。検査の結果、ボールにグリース、機械油、タールなどの異物が付いていたり、あるいはボールに唾が付いていたり、あるいはボールが何らかの方法で傷つけられていることが確認されれば、審判員はそのボールを交換し、その投手に一度警告を発する。

審判員は、プレーヤーの用具に対し(異物の)検閲を求めることができる。もしプレーヤーがその審判員の要請を拒否した場合、試合から除かれる旨警告を与える。相手チームの監督から異物について投手を調べるよう要請があっても、審判員はそうする義務はない。

投手が退いた場合、交代で出てきた投手は、負傷で交代したときと同様、準備投球のための十分な時間が与えられる。

(参考)

2007年、規則6.02(c)(2)~(6)の違反に対するペナルティである6.02(d)が改正された。以前の罰則(ボールを宣告し、違反があったことを放送し、そして投手に警告を与える。)は削除され、ただちに投手を試合から除くと改正になった。

規則6.02(c)(2)~(6)の[6.02(d)原注1]では、投手が、6.02(c)(2)(手、ボールまたはグラブに唾液をつけること)または6.02(c)(3)(ボールをグラブ、身体、着衣で摩擦すること)に違反した場合、投手はボールの性質を変える意図がなかったと審判員が判断すれば、審判員はその投手を試合から除くのではなく警告を与えることもできる。もし投手が違反を繰り返せば、その場合はその投手は試合から除かれる。

規則6.02(c)(2)~(6)の違反に対するペナルティである6.02(d)はまた、違反にもかかわらずプレイがあれば、攻撃側の監督は、投手の退場に加えて、そのプレイの結果を選択することもできると規定している。もし監督がプレイを生かすことを選択しなかった場合には、塁に走者がいなければボール、塁に走者がいればボークが課せられる。

 

<6.02c 第2版解説 投手が異物を付ける(2015年 規則改正に伴う追加)より>

規則6.02(c)(7)で、投手はいかなる異物でも、身体につけたり、所持することは禁止されている。そして、2015年度の改正で、[原注]および[注]が次のとおり追加された。

[原注]投手は、いずれの手、指または手首に何もつけてはならない(たとえば救急ばんそうこう、テープ、瞬間接着剤、ブレスレットなど)。審判員が異物と判断するかしないか、いずれの場合も、手、指または手首に何かをつけて投球することを許してはならない。

[注]我が国では、本項[原注]については、所属する団体の規定に従う。

この規定で注目すべきは、「投げ手の」ではなく、「いずれの」と言っていることである。投げ手に異物をつけてはいけないというのは容易に理解できるが、「いずれの」と言っているのはどういうことだろう。2014年のシーズン、メジャーで首筋に松ヤニをつけてそれをボールにこすりつけていた投手が見つかり退場になった例があった。したがって、右投手の左手、すなわちグラブをはめた手、指に何か異物をつけることが今後起きるかもしれない。そのようなことが起きる前に、あらかじめ予防措置を講じておこうというのが今回の改正と理解できる。

見えなければいいのか、隠れていたらいいのかという質問が来るが、それは誰も見ていないから悪いことをしてもいいのかと同じ類の愚問であり、フェアの精神にもとる行為であることに間違いない。

参考までに、社会人および全日本大学野球選手権大会などの大学野球では、6.02(c)(7)本文および[原注]の適用に際しては、異物を「投球に影響を及ぼすもの」と解釈し、監督から申し出があり、審判員が認めたものに限って許可することにしている。(日本野球連盟(社会人野球)内規11、全日本大学野球選手権大会特別規則7など)

6.02c 第3版解説 故意に打者を狙って投球する より>

投手は意図的に打者を狙って投球してはいけない(6.02(c)(9))。打者を狙って投球することは、非スポーツマン的行為であり、また非常に危険であることから、審判員はこのような行為を許してはいけない。審判員は、躊躇なく、本規則を厳格に適用しなければならない。(6.02(c)(9)[原注])

警告は、発せられたことが誰にも分かるように強く、明確になされなければならない(“That’s warning!”)。審判員はホームプレートの後方から投手を指差し、はっきりと警告をする。その後、まず投手のチームのダッグアウトに指さして警告し、最後に打者のチームのダッグアウトを指さして警告する。

問題は投手が意図的に打者を狙って投球したかどうかである。その意図がなければ規則は適用されない。投球が意図的であったかどうかは一に審判員の判断による。判断に当たっては、投手の技術レベルを考慮し、意図的な投球であったかどうかを見極めないといけない。審判員は投球が意図的であったかどうかよりむしろ打者の頭に投げられたかどうかに留意すべきである。審判員は意図的かどうかを決定するに当たってこういった点を念頭に置かねばならない。

規則6.02(c)(9)の下、投手が退場になったとき、代わって出てきた投手は適当に準備投球が許される。