7.00 試合の終了

­7.01 正式試合
7.02 サスペンデッドゲーム(一時停止試合)
7.03 フォーフィッテドゲーム(没収試合)
7.04 プロテスティングゲーム(提訴試合)
補則 ボールデッドの際の走者の帰塁に関する処置(再録)

7.01 正式試合〈4.10〉

(a) 正式試合は、通常9イニングから成るが、次の例外がある。
すなわち同点のために試合が延長された場合、あるいは試合が次の理由によって短縮された場合 —

(1) ホームチームが9回裏の攻撃の全部、または一部を必要としない場合。

(2) 球審がコールドゲームを宣告した場合。

【例外】マイナーリーグは、ダブルヘッダーのうちの1試合またはその2試合を7回に短縮する規定を採用することが許される。
この際、本規則で9回とあるのを7回と置きかえるほかは、すべて本規則に従うべきである。

(b) 両チームが9回の攻撃を完了してなお得点が等しいときは、さらに回数を重ねていき、

(1) 延長回の表裏を終わって、ビジティングチームの得点がホームチームの得点より多い場合

(2) ホームチームが延長回の裏の攻撃中に決勝点を記録した場合に試合は終了する。

(c) 球審によって打ち切りを命じられた試合(コールドゲーム)が次に該当する場合、正式試合となる。

(1) 5回の表裏を完了した後に、打ち切りを命じられた試合。(両チームの得点の数には関係がない)

(2) 5回表を終わった際、または5回裏の途中で打ち切りを命じられた試合で、ホームチームの得点がビジティングチームの得点より多いとき。

(3) 5回裏の攻撃中にホームチームが得点して、ビジティングチームの得点と等しくなっているときに打ち切りを命じられた試合。

(d) 正式試合が両チームの得点が等しいまま終了した場合、その試合はサスペンデッドゲームとなる。7.02参照。

【注】我が国では、所属する団体の規定に従う。

(e) 正式試合となる前に、球審が試合の打ち切りを命じた場合には、〝ノーゲーム〟を宣告しなければならない。

(f) 正式試合または本条(c)項に規定された時点まで進行したサスペンデッドゲームには、雨天引換券を発行しない。

(g)〈4.11〉正式試合においては、試合終了時の両チームの総得点をもって、その試合の勝敗を決する。

(1) ビジティングチームが9回表の攻撃を終わったとき、ホームチームの得点が相手より多いときには、ホームチームの勝ちとなる。

(2) 両チームが9回の攻守を終わったとき、ビジティングチームの得点が相手より多いときにはビジティングチームの勝ちとなる。

(3) ホームチームの9回裏または延長回の裏の攻撃中に、勝ち越し点にあたる走者が得点すれば、そのときに試合は終了して、ホームチームの勝ちとなる。

 

【例外】試合の最終回の裏、打者がプレイングフイールドの外へ本塁打を打った場合、打者および塁上の各走者は、正規に各塁に触れれば得点として認められ、打者が本塁に触れたときに試合は終了し、打者および走者のあげた得点を加えて、ホームチームの勝ちとなる

【規則説明】9回の裏または延長回の裏に、プレイングフイールドの外へ本塁打を打った打者が、前位の走者に先んじたためにアウトになった場合は、塁上の全走者が得点するまで待たないで、勝ち越し点にあたる走者が得点したときに試合は終了する。ただし、2アウトの場合で、走者が前位の走者に先んじたときに勝ち越し点にあたる走者が本塁に達していなければ、試合は終了せず、追い越すまでの得点だけが認められる。

【注】9回の裏または延長回の裏、0アウトまたは1アウトで、打者がプレイングフイールドの外へ本塁打を打ったときに、ある走者が前位の走者に先んじたためにアウトになった場合は、打者に本塁打が認められ、試合は打者が本塁に触れたときに終了する。

(4) 7.02(a)によりサスペンデッドゲームにならない限り、コールドゲームは、球審が打ち切りを命じたときに終了し、その勝敗はその際の両チームの総得点により決する。

【注】我が国では、正式試合となった後のある回の途中で球審がコールドゲームを宣したとき、次に該当する場合は、サスペンデッドゲームとしないで、両チームが完了した最終均等回の総得点でその試合の勝敗を決することとする。

① ビジティングチームがその回の表で得点してホームチームの得点と等しくなったが、表の攻撃が終わらないうち、または裏の攻撃が始まらないうち、あるいは裏の攻撃が始まってもホームチームが得点しないうちにコールドゲームが宣せられた場合。

② ビジティングチームがその回の表でリードを奪う得点を記録したが、表の攻撃が終わらないうち、または裏の攻撃が始まらないうち、あるいは裏の攻撃が始まってもホームチームが同点またはリードを奪い返す得点を記録しないうちにコールドゲームが宣せられた場合

7.02 サスペンデッドゲーム(一時停止試合)<4.12>

(a) 試合が、次の理由のどれかによって打ち切られた場合、後日これを完了することを条件としたサスペンデッドゲームとなる。

(1) 法律による娯楽制限。

(2) リーグ規約による時間制限。

(3) 照明の故障、またはホームクラブが管理している競技場の機械的な装置《(たとえば開閉式屋根、自動キャンバス被覆装置などの排水設備)の故障(オペレーターの過失を含む)》。

(4) 暗くなったのに、法律によって照明の使用が許されていないため、試合続行が不可能となった場合。

(5) 天候状態のために、正式試合のある回の途中でコールドゲームが宣せられた試合で、打ち切られた回の表にビジティングチームがリードを奪う得点を記録したが、ホームチームがリードを奪い返すことができなかった場合。

(6) 正式試合として成立した後に、同点で打ち切られた場合。

本項の(1)(2)(5)(6)によって終了となった試合については、7.Olの規程による正式な試合となりうる回数が行われていない限りこれをサスペンデッドゲームとすることはできない。

本項の(3)または(4)の理由で打ち切りが命じられたときは、行なわれた回数には関係なく、これをサスペンデッドゲームとすることができる。

【付記】コールドゲームをサスペンデッドゲームとするかどうかを決定するにあたっては、天候状態およびこれに類する理由 — 本項(1)~(5) — が優先される。
試合が、天候状態で停止した後に、照明の故障、娯楽制限、時間制限により続行ができなくなった場合は、サスペンデッドゲームとすることはできない。試合が、照明の故障で停止した後に、天候状態や競技場の状態で再開できなくなった場合も、サスペンデッドゲームとすることはできない。本項に規定されている理由だけで打ち切られた試合がサスペンデッドゲームとなる。

(b) 一時停止試合を再開して、これを完了するには、次の要項に従う。

(1) その球場での両クラブ間の日程の、次のシングルゲームに先立って行なう。

(2) その球場での両クラブ間の日程に、ダブルヘッダーしか残っていない場合には、その最初のダブルヘッダーに先立って行なう。

(3) その都市での両クラブ間の日程の最終日に停止された場合には、都市を移して、相手クラブの球場で、なるべく、

(A) 両クラブ間の日程の、次のシングルゲームに先立って行なう。

(B) 両クラブ間の日程にダブルヘッダーしか残っていない場合には、その最初のダブルヘッダーに先立って行なう。

(4) 両クラブ間の最終試合までに一時停止試合が完了していなかった場合は、次のとおりコールドゲームとなる。その試合が、

(A) 正式試合となる回数が行なわれており、かついずれかのチームがリードしている場合は、リードしているチームの勝ちが宣告される。(ビジティングチームがある回の表にリードを奪う得点を記録したが、その回の裏にホームチームがリードを奪い返す得点を記録しないうちにコールドゲームが宣せられた場合は除く。この場合は、両チームが完了した最終均等回の総得点で勝敗を決する。)

(B) 正式試合となる回数が行なわれており、かつ同点の場合は、〝タイゲーム〟が宣告される。(ビジティングチームがある回の表に得点を記録してホームチームの得点と等しくなったが、その回の裏にホームチームが得点を記録しないうちにコールドゲームが宣せられた場合は除く。この場合は、両チームが完了した最終均等回の総得点で勝敗を決する。)この場合は、リーグ優勝に影響しないという理由で再試合の必要がないとリーグ会長が判断しない限り、開始からやり直さなければならない。

(C) 正式試合となる回数が行なわれていなかった場合は、〝ノーゲーム〟が宣告される。この場合は、リーグ優勝に影響しないという理由で再試合の必要がないとリーグ会長が判断しない限り、開始からやり直さなければならない。

(c) 続行試合は、元の試合の停止された個所から再開しなければならない。すなわち、停止試合を完了させるということは、一時停止された試合を継続して行なうことを意味するものであるから、両チームの出場者と打撃順は、停止されたときと全く同一にしなければならないが、規則によって認められる交代は、もちろん可能である。したがって、停止試合に出場しなかったプレーヤーならば、続行試合に代わって出場することができるが、停止試合にいったん出場して他のプレーヤーと代わって退いたプレーヤーは、続行試合には出場することはできない。
停止された試合のメンバーとして登録されていなかったプレーヤーでも、続行試合のメンバーとして登録されれば、その試合には出場できる。さらに、続行試合の出場資格を失ったプレーヤー(停止試合に出場し、他のプレーヤーと代わって退いたため)の登録が抹消されて、その代わりとして登録された者でも、続行試合には出場できる。

【原注】交代して出場すると発表された投手が、そのときの打者(代打者を含む)がアウトになるか一塁に達するか、あるいは攻守交代となるまで投球しないうちに、サスペンデッドゲームとなった場合、その投手は続行試合の先発投手として出場してもよいし、出場しなくてもよい。しかし、続行試合に出場しなかった場合には、他のプレーヤーと交代したものとみなされて、以後その試合に出場することはできない。

【注】我が国では、サスペンデッドゲームについては、所属する団体の規定に従う。

 

7.03 フォーフィッテッドゲーム(没収試合)

(a)〈4.15〉一方のチームが次のことを行なった場合には、フォーフィッテッドゲームとして相手チームに勝ちが与えられる。

(1) 球審が試合開始時刻にプレイを宣告してから、5分を経過してもなお競技場に出ないか、あるいは競技場に出ても試合を行なうことを拒否した場合。
ただし、遅延が不可避であると球審が認めた場合は、この限りではない。

(2) 試合を長引かせ、または短くするために、明らかに策を用いた場合。

(3) 球審が一時停止または試合の打ち切りを宣告しないにもかかわらず、試合の続行を拒否した場合。

(4) 一時停止された試合を再開するために、球審がプレイを宣告してから、1分以内に競技を再開しなかった場合。

(5) 審判員が警告を発したにもかかわらず、故意に、また執拗に反則行為を繰り返した場合。

(6) 審判員の命令で試合から除かれたプレーヤーを、適宜な時間内に、退場させなかった場合。

(7) ダブルヘッダーの第2試合の際、第1試合終了後20分以内に、競技場に現われなかった場合。
ただし、第1試合の球審が第2試合開始までの時間を延長した場合は、この限りではない。

(b)〈4.17〉一方のチームが競技場に9人のプレーヤーを位置させることができなくなるか、またはこれを拒否した場合、その試合はフォーフィッテッドゲームとなって相手チームの勝ちとなる。

(c)〈4.16〉球審が、試合を一時停止した後、その再開に必要な準備を球場管理人に命じたにもかかわらず、その命令が《意図的に》履行されなかったために、試合再開に支障をきたした場合は、その試合はフォーフィッテッドゲームとなり、ビジティングチームの勝ちとなる。

【注】アマチュア野球では、本項を適用しない。

(d)〈4.18〉球審がフォーフィッテッドゲームを宣告したときは、宣告後24時間以内に、その旨を書面でリーグ会長に報告しなければならない。
ただし、球審がこの報告をしなかったからといって、フォーフイツテッドゲームであることに変わりはない。

7.04 プロテステイングゲーム(提訴試合)〈4.19〉

審判員の裁定が本規則に違反するものとして、監督が審議を請求するときは、各リーグは試合提訴の手続きに関する規則を適用しなければならない。審判員の判断に基づく裁定については、どのような提訴も許されない。提訴試合では、リーグ会長の裁定が最終のものとなる。
審判員の裁定が本規則に違反するとの結論が出た場合であっても、リーグ会長において、その違反のために提訴チームが勝つ機会を失ったものと判断しない限り、試合のやり直しが命ぜられることはない。

【原注】監督が試合を提訴するには、提訴の対象となったプレイが生じたときから、投手が次の1球を投じるか、または、たとえ投球しなくてもその前にプレイをしたりプレイを企てるまでに、その旨を審判員に通告していない限り、提訴は認められない。
試合終了のときに生じたプレイについて提訴するときは、翌日の正午までにリーグ事務局に申し出ればよい。

【注】アマチュア野球では提訴試合を認めない。

補則 ボールデッドの際の走者の帰塁に関する処置(再録)

ボールデッドとなって各走者が帰塁する場合、ボールデッドとなった原因によって、帰るべき塁の基準がおのおの異なるので、その基準をここに一括する。

(Ⅰ) 投手の投球当時に占有していた塁に帰らせる場合。

(a) ファウルボールが捕球されなかった場合。(5.06c5)

(b) 打者が反則打球した場合。(5.06c4、6.03al)

(c) 投球が正規に位置している打者の身体または着衣に触れた場合。(5.06c1、5.09a6)

(d) 0アウトまたは1アウトで、走者一塁、一・二塁、一・三塁または一・二・三塁のとき、内野手がフェアの飛球またはライナーを故意に落とした場合。(5.09a12)

(e) 打球を守備しようとする野手を妨げた場合。

(1) フェアボールが、内野手(投手を含む)に触れる前に打者走者に触れた場合。(5.09a7)

(2) フェアボールが、内野手(投手を含む)に触れる前、または内野手(投手を除く)を通過する前に、フェア地域で走者または審判員に触れた場合。(5.05b4、5.06c6、5.09b7、6.01a11)

(3) 打者が打つかバントしたフェアの打球に、フェア地域内でバットが再び当たった場合。(5.09a8)

(4) 打者または走者が打球を処理しようとしている野手の守備を妨げた場合。(5.09b3、6.01a6・7・10)

(5) 打者または走者が、まだファウルと決まらないままファウル地域を動いている打球の進路を、どんな方法であろうとも、故意に狂わせた場合。(5.09a9、6.01a2)

(6) 攻撃側プレーヤーまたはベースコーチが、必要に応じて自己の占めている場所を譲らないで、打球を処理しようとしている野手を妨げて、守備妨害を宣告された場合。(5.09a15、6.01b)

(f) 打者走者が、本塁から一塁へ走る際に、一塁への送球を受けようとしている野手の動作を妨げた場合。(5.09all、定義44) — 特に規定した場合を除く。

(g) 第3ストライクの宣告を受けただけでまだアウトになっていない打者走者、または四球の宣告を受けた打者走者が、捕手の守備を明らかに妨げた場合。(6.01a1)

(Ⅱ) 妨害発生の瞬間すでに占有していた塁に帰らせる場合。

(a) 投手の打者への投球に始まった守備を妨げた場合。

(1) 球審が捕手の送球動作を妨げた場合。(5.06c2)

(2) 打者が捕手の送球動作を妨げた場合。(6.03a3)

(3) 0アウトまたは1アウトで、走者が得点しようとしたとき、打者が本塁における守備側のプレイを妨げた場合。(5.09b8、6.01a3)

(4) 打者が空振りした後、スイングの余勢で、その所持するバットが捕手または投球に当たり、審判員が故意ではないと判断した場合。(6.03a3原注)

(b) 捕手またはその他の野手が、打者の打撃を妨害した場合。(5.05b3、6.01c)

(c) 走者が故意に送球を妨げた場合。(5.09b3)

(d) 攻撃側チームのプレーヤーまたはベースコーチが、必要に応じて自己の占めている場所を譲らないで、送球を処理しようとしている野手を妨げたために、守備妨害でアウトを宣告された場合。(5.09a15、6.01b)

(e) 内野手が守備する機会を失った打球(内野手に触れたかどうかを問わない)を走者が故意にけったと審判員が認めた場合。(6.01a11B) — ボールをけったときを基準とする

(f) アウトを宣告されたばかりの打者または走者、あるいは得点したばかりの走者が、野手の次の行為を妨げた場合。(6.01a5) — 次の行為に移ろうとしたときを基準とする。

(g) 1人または2人以上の攻撃側メンバーが、走者が達しようとする塁に接近して立つか、あるいはその塁の付近に集合して守備を妨害するか、惑乱させるか、ことさらに守備を困難にした場合。(6.01a4) — その守備が起ころうとしたときを基準とする。

(Ⅲ) 走者三塁のとき、ベースコーチが自己のボックスを離れてなんらかの動作で野手の送球を誘発した場合、またはベースコーチが意識的に送球を妨げた場合(6.01a9、6.01f)には、その送球がなされたときにすでに占有していた塁に帰らせる。

 

<7.01 第3版解説 タイブレーク より>

 わが国のアマチュア野球では、サスペンデッドゲームを適用せずに、「延長回に関わる特別規則」(“タイプレーク”)を導入している場合がある。その主たる理由は、試合時間が長引き、応援客に迷惑がかかること、および試合日程に影響を及ぼすことを回避するためである。

 このタイブレーク制度は、もともとソフトボールでは以前から導入されていたが、社会人野球で初めて2003年第74回都市対抗野球大会から採用した。この背景には、平均試合時間が3時間を超え、暑い中を応援に来てくれた人を外で長時間待たせるのは失礼だ、もっと試合展開をスピーディーにする必要があるとの問題意識があった。当初は、「延長12回を終え、両チームの得点が等しいときにおいて、試合時間が4時間を超えている場合、13回から延長回に関わる特別規則(タイブレーク)を適用し、ワンアウト走者満塁の状態から試合を行う。」というものであった。

 国際大会においてタイブレークが話題になったのは、2008年の北京オリンピックのときであった。当時のシラー・IBAF(当時の国際野球連盟)会長が、野球は時間がかかりすぎる、テレビ放映を考慮すればもっと短時間内に試合を終了させなければならない、だらだらとやっていたのでは、ファンからそっぽを向かれるし、オリンピックヘの復帰に向けて多くの人から野球の支持が得られないとの危機感を表明し、オリンピックに初めてタイブレークが採用された経緯がある。
その後、国際大会はもちろん、国内の大会でもタイブレークの適用が主流となっている。2017年の各連盟によるタイブレークの規定は、次のとおりであった。

WBSC(世界野球ソフトボール連盟):10回から、ノーアウト、ー・二塁、選択打順制
社会人:10回または12回から(大会ごとの規定)、ワンアウト、満塁、選択打順制
大学:10回から、ワンアウト満塁、選択打順制
高校:10回または13回から(主催連盟の選択)、ノーアウト、ー・二塁、選択打順制
軟式:13回から、ノーアウト満塁、継続打順制

WBSCが継続打順制に変えたことから、国際大会の規定に合わせるため、2018年のシーズンから社会人、大学、高校がノーアウト一・二塁、継続打順制に変更した。
WBSC(世界野球ソフトボール連盟):10回から、ノーアウト一・二塁、継続打順制
社会人:10回または12回から、ノーアウト一・二塁、継続打順制
大学:10回から、ノーアウト一・二塁、継続打順制
高校:13回から、ノーアウト一・二塁、継続打順制
軟式:13回から、ノーアウト満塁、継続打順制

 チームおよび個人記録は公式記録となるが、投手成績については、規定により出塁した走者は、投手の自責点とはしない。また規定により出塁した走者の出塁の記録はないが、盗塁、盗塁刺、得点、残塁等は記録され、走者を絡めた打点、併殺打などはすべて記録となる。

<7.02 第3版解説 サスペンデッドゲーム(一時停止試合) より>

サスペンデッドゲームというのは、本来プロ野球のように同一カードで何試合も行うという、リーグ戦形式の野球のために作られたもので、ほとんどトーナメント形式で大会を行うアマチュア野球では、日程の関係もあってサスペンデッドゲームの適用はない。(7.02)

現在、アマチュア野球では、全日本軟式野球連盟だけが特別継続試合という方式で、サスペンデッドゲームのルールを準用している。競技に関する特別規則三、で以下のように取り決められている。

1 暗黒、降雨などで試合が途中で中止になった場合は、9回戦は7回、7回戦は5回以前に中止になった場合(ノーゲーム)でも、7回(5回)を過ぎ正式試合になって同点で試合が中止の場合でも、再試合にしないで、翌日の第1試合に先立って行う。ただし、決勝戦は再試合とする。

2 日没まで短時間しかない場合でも、試合を開始することがある。

(1)審判員は、あらかじめ両軍監督にどの回で打ち切りになっても特別継続試合を行うことを条件に、試合をできるところまで行う旨を申し渡してから、試合を開始する。

(2)7回(5回)に満たない場合は、打ち切りになったところがら試合を行うが、7回(5回)に達した場合は、当然、日没コールドゲームが宣告される。

3 翌日特別継続試合を行う場合は、9回完了(7回戦の場合は7回完了)まで行うこととし、完了以前に中止になった場合は、再び特別継続試合として行う。また、延長戦になった場合は、再び試合を中断して、特別継続試合にする。

4 特別継続試合の再開について

(1) もとの試合の中断された個所から再開する。

(2) 両チームの出場者と打撃順は試合が中断されたときと全く同一でなければならない。ただし、規則によって認められている交代は許される。なお、試合前に提出された打順表に記載されていない者は、出場できない。

(3) もとの中断された試合に出場して、他のプレーヤーと交代しその試合から退いたプレーヤーは、再開される試合に出場できない。

(4) 中断、再開の際は、試合の終了および開始と同じように挨拶する。

(5) グラウンドを変えて再開するとき、および翌日特別継続試合として行う場合は 原則としてシートノックを行う。

<7.03 第3版解説 選手が8人になってしまった より>

チームが攻撃中に8人になってしまった。攻撃を続けることができるか(空いた打順が来るまで)?もしできるとすれば、空いた打順が来たときどうするのか?そしてツーアウト以前だったら?

公認野球規則(7.03(b))では、チームが9人でプレイすることができないときは没収になると規定している。ただ、規則ではチームが攻撃中に9人を割ってしまったときのことについては規定がない。チームはただちに没収になるのか?それとも欠けた打順が来たときに没収となるのか?それとも欠けた打順は単純にワンアウトになって、チームが守備につくまでは没収にならないのか?

―― チームが守備に9人つくことができないか、あるいはその打順で打つことができなくなったときは、没収試合となって相手チームに勝ちが与えられる。

試合が正式試合となった後に、フォーフィッテッドゲーム(没収試合)になった場合は、試合終了となるまでに記録された個人およびチームの記録は、すべて公式記録に算入される。

しかし、試合が正式試合となる前にフォーフィッテッドゲームになった場合は、すべての記録は公式記録に算入しない。(9.03(e)(2))